上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
またまた長い間、更新を怠りました。

昨年の夏、日本百名山をしっかり登り切ろう!と決め、各地の山に出かけました。
7月は、東北の5座(磐梯山、西吾妻山、大朝日岳、月山、鳥海山)に登りました。
梅雨が明けきっていなかったのですが、花畑、残雪、岩の山々を楽しみました。
麓の町や村も訪ねる旅にもなりました。

■磐梯山
7月25日、東北の山旅第一座は磐梯山。
ウグイスの声を聞き、朝露に濡れながら4時間弱で下山しました。
明治時代の水蒸気爆発による大規模な崩壊地、それによってできたという裏磐梯の湖群が見えました。

道の駅から見た磐梯山
s-13770257_698106200327314_5417671953934477668_n.jpg

裏磐梯の檜原湖、五色沼方面
s-13619899_698106226993978_7204939939220533626_n.jpg

磐梯山に到着
s-13615331_698106270327307_4221536086792988343_n.jpg

■西吾妻山
二座目の西吾妻山から5時間弱で下山。
こちらはちょっと楽をして、天元台高原スキー場のロープウェイ、リフトを利用しました。
もう完全にピークハンター(ピークを踏むことを最優先し、そのためには手段を選ばない人)です。
いや、もしかしたらピークコレクター? 笑)
頂上付近の湿地にお花畑、頂上はのっぺりとしてとても百名山と思えない。

リフトで楽ちん登山
s-13754327_698245320313402_7024104228462551674_n.jpg

石に囲まれた吾妻神社
s-13770339_698245313646736_4461265390576201386_n.jpg

西吾妻山に到着
s-13700035_698245280313406_6390354451719622136_n.jpg

■大朝日岳
7月26日、朝5時、登山口の山形県朝日町の朝日鉱泉は小雨。
渓谷沿いの長い道を歩き、3つ目の吊り橋を渡ると急登。
霧の中の巨大なブナの森を抜け、稜線に出るとお花畑。この間、熊よけの笛をピーピー。。

歩き続けること6時間、足ガクガクで朝日連峰の主峰・大朝日岳(1870m)に到着。
この頃から雲が切れだし、飯豊や会津の山々が顔を出した。
普通は頂上小屋で一泊するのだが、頑張って15時に無事下山しました。
この日、朝日鉱泉からの登山者は私一人。

約10年前、相棒と飯豊連峰のあと朝日連峰も縦走するつもりでいたが、崩れた雪渓に足を取られて捻挫。。
やっと果たせました。
朝日岳は、自然がそのまま残るビッグでハードな山です。

大きなブナ林が続きます。
s-13614975_698768280261106_3949989835820045770_n.jpg

大朝日岳が見えてきた
s-13606915_698768176927783_4006133220798707831_n.jpg

飯豊や会津の山々
s-13620805_698768190261115_4399109325141072952_n.jpg

ウツボグサ
s-13654393_698768326927768_1503836031330263743_n.jpg

■羽黒山、鶴岡の町
7月27日、道の駅月山の朝は雨。山はoffにして午前中は羽黒山詣で。
長い杉並木と石段、国宝の五重塔。
汗びっしょりで登りつめると有難い出羽三山神社。
巧みな空間構成です。

s-13680853_699212523550015_3285632279242437462_n.jpg

s-13872676_699212526883348_2871665804776640893_n.jpg


午後は二度目の鶴岡へ。
緑いっぱいの広い道、現代美術館、古い建物とパブリックアート、絹織物工場を活かしたキネマ、
古本屋、おしゃれな和洋菓子・クラフト店。鶴岡は文化の香るまちです。

公園のような道
s-13876644_699212550216679_2298330711658476044_n.jpg

木造の教会
s-13680896_699212590216675_1313307535261535511_n.jpg

デザインされた橋
s-13781991_699212600216674_6812295037023384245_n.jpg

工場を再生したキネマ
s-13686759_699212626883338_8944281770988896585_n.jpg

■月山
7月28日、月山の登山口はいくつもあるが、芭蕉、斉藤茂吉も登った古くからのコースにした。
朝5時半、月山8合目を出発。
チングルマ、ニッコウキスゲ、ハクサンフウロ、ハクサンシャジン、マルバダケブキ、
ウサギギク、トウヤクリンドウ、ミヤマウツボグサなどの高山植物が次々に現れる。
月山は白山や大雪などと並ぶ花の山だ。

約2時間半で頂上に到着。
半強制的にお祓い(500円)を受けたが、月山神社の私有地への立ち入り料と山の管理料と思えば腹は立たない。

4時間半の10時に下山後、3回目の「山伏の湯ゆぽか」で汗を流し、
やさしい山形弁が飛び交う食堂「美味(みみ)」で名物の"山伏ラーメン"とかき揚丼を完食し、ほっこりしています。

芭蕉と同じ山に登ったことに因み一句「花畑に 兎子も遊ぶか 月の山」(汗)。

月山詣での人々
s-13882408_699581480179786_2458758735029700674_n.jpg

仏生池小屋の地蔵
s-13681096_699581513513116_5780809102845008109_n.jpg

まだ残る雪
s-13775996_699581483513119_7093265562391390346_n.jpg

お花畑
s-13782128_699581546846446_4650548045967934007_n.jpg

「やまぶしの湯ゆぽか」の名物、山伏ラーメン
s-13620033_699581633513104_8910765211849443872_n.jpg

■酒田の街
酒田のまちに寄り道。。市役所で観光情報をゲット。
まずはここと「おしん」で有名になった山居(さんきょ)倉庫へ。
なかなかの存在感です。

s-13645364_699636473507620_449383371151937730_n.jpg

s-13686724_699636503507617_1368055225089019213_n.jpg

■鳥海山
7月29日、朝5時、鳥海山の麓、湯の台登山口は快晴。
雪渓を越え、八丁坂を登ると一面のお花畑。
外輪山を越えると、大きな岩がゴロゴロころがる新山(2236m)に到着。
そのまま一気に下山、12時過ぎに登山口へ。

鳥海山は月山に勝るとも劣らない花の山でした。

八丁坂のお花畑
s-13886391_700090960128838_2072940758237484274_n.jpg

雪渓と青空
s-13686494_700090963462171_4584161250255463931_n.jpg

鳥海山の新山(頂上)と雪渓
s-13892115_700090986795502_7708395748152810758_n.jpg

イワカガミ
s-13894991_700090993462168_1973200770000532818_n.jpg

チングルマ
s-13522036_700091126795488_7693624779864145614_n.jpg

■土門拳記念館
酒田市出身の土門拳の記念館で開催中の「濱谷浩と土門拳」に寄ってみました。
半世紀以上も前の日本や日本人の瞬間を切り取り、今に伝える写真と写真家の力を感じました。
同時に建築と建築家(谷口吉生)の力も。。
庄内地方に来たら立ち寄る値打ちのある施設です。

s-13769378_700092683461999_6682181492443486479_n.jpg

s-13669710_700092710128663_119100342370634608_n.jpg

s-13879355_700092740128660_2214344426505408792_n.jpg

5日間の東北の一人山旅を終え、翌日の朝、無事に大阪に帰ってきました。
楽しかった、夢のような山旅・・・・東北と東北の山、そして東北の人に感謝です。
スポンサーサイト
2016.09.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/3319-939f9891

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。