久々のブログ更新です。

≪氷ノ山スキーツアー≫
三月の中旬、高校の後輩&山の達人Kさんと一緒に、氷ノ山へのスキー登山に出かけました。
青空の中、リフト終点から板をザックにつけて登ります。
平坦地でシールをつけ、三の丸を越えて氷ノ山頂上へ。

s-17308980_821864421284824_3650628845533335556_n.jpg

下りは、三の丸までシールをつけて滑ったり登ったり。
三の丸からは板だけで尾根を下ります。
私はテレマークはやめて、アルペン風の直滑降・斜滑降・ボーゲンの何でもありスタイル。
早く下ってはもったいないと、途中でのんびり昼食・・

s-17309213_821864481284818_5999712828982100093_n.jpg

30年前の山スキーを思い出したのか思った以上に滑り、三の丸から戸倉峠のやまめ茶屋まで、
歩けば4時間のところを1時間半で下りました。


≪西脇でタケノコ掘り&ポタリング≫
高校の後輩&山の大先輩のKさんご夫妻といっしょに、西脇市比延地区でタケノコ掘り。

s-17760226_832953716842561_41486178788739940_n.jpg

花見弁当をいただいたあと、黒田庄までチャリでポタリング。
道端のツクシをとったり、兵主神社、日時計の丘公園、トータス松本が寄進した鳥居のある稲荷神社、ショールで有名な〝Tamaki niime″を訪ねました。

s-17800491_832953773509222_7796425956457430148_n.jpg

s-17522781_832953810175885_7088626367836639605_n.jpg

老年ながら気持ちは少年の、楽しく、贅沢な1日でした。


≪ふるいち夢カフェ≫
古くから宿場町として栄えた篠山市古市地区。
篠山産業高校丹南校の跡地利用を中心に2年間話し合ってまとめた「ふるいち夢ビジョン」。
4月12日、最初のプロジェクト「ふるいち夢カフェ」のオープニングです。

s-17884053_836599243144675_5464749165112459519_n.jpg

約35名があつまり、ささやかなセレモニーのあと、手づくりケーキとコーヒー、アコーディオンと歌でワイワイ、ガヤガヤと過ごしました。

s-17862655_836599309811335_6941987546653558068_n.jpg

秋には介護士専門学校がスタート。
ベトナムから毎年やってくる若い女性たち40人を地域でどう迎え交流していくか・・。
古市の「New 宿場町づくり」が始まりました。


≪2回目のタケノコ掘り≫
Kさんご夫妻との1回目のタケノコ掘りから1週間・・
ふるいち夢カフェに出かけた午後、西脇市比延地区へ2回目のタケノコ掘りにでかけました。
コミュニティセンター前の夫婦桜は、この日が満開。

s-17523708_836645866473346_3833120211617051638_n.jpg

ウグイスの声を聞きながら、約1時間で中小の筍8本を収穫。
雨が降ったとはいえ、昨年より2週間遅く、量も1/3程度。
今年の不作は異常です。
筍掘りにお誘いしたり、デリバリーしてきた皆さん・・今年は期待?に応えられそうにありません。

s-17884192_836645859806680_6617955167402404447_n.jpg


≪台湾東海大学のR君と千里のまちあるき≫
4月の半ば、台湾東海大学の修士の学生、R君を終日、千里ニュータウンに案内しました。

s-18034078_840706742733925_7796165857379745893_n.jpg

「人口減少社会における住環境政策」に関心があり、モデルの千里ニュータウンに2回目の訪問。
私の拙著『ニュータウン再生』を買って読んでくれ、台湾訪問時にサインを申し出てくれた学生です。
うーん、レベル高い!笑

s-18033821_840706746067258_5195309688212010521_n.jpg

千里の市民活動にも大いに関心があり、「大阪の大学の博士課程に進学できたら、市民活動に参加していいですか」とも。泣かせますね。

夜、居酒屋に招待。刺身、おでん、串カツを注文。お気に入りは、なんと「おでん」でした。

s-17990830_840706756067257_4617032617482056069_n.jpg


≪スカイサロン≫
第三水曜日の午後は私のマンションのサロン。
0歳から80代まで27人が集まりました。お茶をいただきながらおしゃべり、お知らせコーナー。

s-18010584_840847366053196_7507190734671445784_n.jpg

s-18010047_840847389386527_408755298139883933_n.jpg

歌は、管理さんのキーボードに合わせ、ペギー葉山さんを偲びながら「南国土佐を後にして」。
森山良子の「涙そうそう」はどうかなと思いましたがバッチリでした。
次月は中島みゆきの「糸」、井上陽水の「少年時代」にチャレンジしましょう。
すべて私の好みですが・・^_^


≪コラボ・住まいのセミナー≫
10年前に立ち上げたNPO法人「千里・住まいの学校」
次のような呼びかけのもと、豊中市との協働による
「コラボ・住まいのセミナー やっぱり千里で暮らしたい!」(全6回)を開催します。
私が言うのも何ですが、各回とも魅力あるテーマです。
ぜひお出かけください。お友達をお誘いください。

「あこがれの千里」も55歳!うらやましい住環境にもお悩みがついてくる頃です。
やっぱり千里で住み続けるために、千里と住まいの専門家がヒントを提供します!
「セミナー+個別相談」で構成する全6回。これから千里に住みたい方もどうぞ!


s-住まいの学校チラシ4-5-1
スポンサーサイト
2017.04.19 / Top↑
≪岡山の友人の書道展へ≫
2月の中旬、高校時代からの友人が書道展に出展している堺筋本町のマイドーム大阪へ
広い会場に作品数720・・思わず気を失いそうになりました。
気を取り戻して探し、半分ぐらいで見つかってホッ。。
山で道を失って遭難寸前に似た気分でした。

s-16681844_804196959718237_6433774077897098564_n.jpg

s-16711744_804197016384898_4174860388033896334_n.jpg


≪孫の発表会へ≫
そのあと、春に小学生になる孫娘の発表会に大阪国際交流センターへ
会場はパパ・ママ、ジージ・バーバで一杯。
芸能人ばりのキラキラ衣装、子供にとってかなり負担と思える練習量・・・
そんなことばかりが目につくけど、この日はおとなしいジージになりました。
※一番大きい女の子が孫です。

s-16602755_804237489714184_6039134416576119407_n.jpg


≪京大阪道で高野山へ≫
2月の下旬、南大阪に住むIさんと、高野山まで京大阪道(きょうおおさかみち)を歩いてきました。
北から高野山に至る道は、「町石道(ちょういしみち)」「京大阪道」「黒河道(くろこみち)」の3つ。
京大阪道は、高野山へ通じる道の中で最も多くの参詣者で賑わったと伝えられています。

学文路駅から河根、神谷の村を過ぎ、南海高野線極楽橋駅近くから不動坂経由で女人道へ。
もう一度極楽橋駅へ下り、電車で大阪へ帰りました。
春を思わせるようなポカポカ陽気の中、歴史を感じながらののんびりハイクでした。

s-12063164.jpg

s-12063526.jpg

s-12063688.jpg


≪初テレマークスキー≫
「オールランドな自然遊びの達人」で美作の高校の後輩Kさんに誘われて、約30年ぶりにスキーに行ってきました。

一日目は、ハチ高原スキー場の北にあるミカタスノーパークで人生初のテレマークスキーの練習。
約30年のブランクとともに、かかとが自在に動くテレマークスキーが何とも奇妙・・・
斜滑降で滑るのだけど、身体がスキーにうまく乗れず、ふらついたり転けてばかり。
Kさんに「用もないのに派手に転けますね」と言われる始末だ。

s-12251953.jpg

二日目は、スキー場の南の林間に出かけました。
シールをつけて、凍った斜面も登っていきます。

s-12251972.jpg

伸びやかな尾根に出ると、ハチ北スキー場や氷ノ山が見えてきた。
ショベルでテーブルと椅子をつくり、Mさんの土産のシシ肉などで豪華な昼食を終えると下山。

s-12251983.jpg

滑ることができないのに、ターンや停止ができるはずがない。
転んでは停まり、立ち上がって滑ってはまた転び、なんとか宿舎の「とちのき村」へ下山

踏んだり蹴ったりの2日間でしたが、この年になって新しいことにチャレンジできるのは嬉しい。


≪初ファミリー登山≫
娘夫婦&孫たちと、茨木市・箕面市北部のまち「彩都」の裏山「鉢伏山(299m)」に登ってきました。
ファミリーキャンプはときどきするが、山へ出かけるのは初めて・・
末の孫が卒園式を控えているので、2時間程度で楽しめる鉢伏山ハイキングに出かけたのです。

s-12548880.jpg

頂上から茨木のまちや生駒山を眺めながら、ゆっくり昼食。

s-12548914.jpg

途中、フキノトウを見つけて少しいただきました。

s-12548853.jpg

帰宅後、不良中年の料理(フキノトウの天麩羅、鶏ガラスープの水炊き)で久しぶりに団らん


≪北摂パブリック紀行≫
市民がつくった“みんなが集まれるステキな場所”を訪ねる「北摂パブリック紀行」
3月は、主がなくなったあとの家と庭を地域の人々が大切に守っている「柿の木坂の家」です。

s-DSCN2496-660x495.jpg

17回も続けると、だんだんネタがなくなってくる。
原稿を書き、チェックを依頼しながら、次月、次次月の取材をするから、息をつく暇もない。
もうやめようかなと思っていたら、今月はいつもに増して反響がありました。

ということで、やめるわけに行かず、もうしばらく続けます。笑
2017.03.13 / Top↑
≪北摂パブリック紀行≫
ボケ防止のためにも、まちづくりの現場をお茶の間に届けようと、一昨年の11月から、市民がつくった“みんなが集まって楽しめるステキな場所”を訪ね、人とともに紹介する「北摂パブリック紀行」を始めました。
北摂を代表するコミュニティ紙「City Life」のタブロイド判の1/4に記載してもらうとともに、QRコードでWebに跳べます。
本当に読んでもらっているんだろうか?ネタ切れだし、そろそろ潮時かな? そんなことを考えたときもありましたが、意外なところから「読んでます」との情報が入り、根性を入れ直して継続しています。
Web版はこちらです。

s-6DSCN2406.jpg


≪YAMAP≫
山に登るとき、最近はGPSソフト「YAMAP」にお世話になっています。
山に登る前に地図をダウンロードしておき、登山中はGPSを起動させながら歩きます。
※衛星通信を使うために「機内モード」でも利用可能・・バッテリーをあまり食いません。
  山だけでなく街の地図もあるので、まちあるきにも使えます。
下山後にログ(軌跡)と写真、行動記録などをWeb上にアップします。
記録を通じて全国のYAMAP利用者(ヤマッパー)と情報共有したり交流ができます。
無料とは思えない便利なソフト・・お薦めです。
私の記録はこちらです。

s-15698156_780358815435385_2195527722403784846_n.jpg
2017.01.05 / Top↑
2017年、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

10月から更新がないまま新年を迎えてしまいました。
フェイスブックの記事をもとに、昨年を振り返ります。

10月16日(日)、春以来の第3回「千里ピクニック」
30名近く集まって、お弁当、おしゃべり、野点・・・

s-14725625_737764159694851_772497835630086492_n.jpg


コミュニティカフェ「ひがしまち街角広場」はこの秋15周年。女性スタッフ8人を男性がエスコートする形で篠山市東部の「里山工房くもべ」を訪ねました。実パンパンの枝豆刈りを楽しんだあと、カフェで「くもべ定食」。地場産の素材を活かした、やさしい味付けの料理が女性たちに大好評!。そのあと城下の河原町を散策して帰りました。カフェの見学、日頃の働きの慰労、そして大切なコミュニケーションの一日になったようです。

s-14900445_744805798990687_6920142446277159092_n.jpg


11月5日、第5回「千里キャンドルロード」。今年は千里南公園。来場者約1.3万人、ボランティア約1300人。
千里の未来に向けてみんなで灯を灯すキャンドルロード・・すっかり千里の名物イベントになりました。

s-14947431_749477778523489_3894440124813314702_n.jpg


地域の元気な高齢者グループ「どこボラ(どこでもボランティア)」。毎月発行されている「どこボラはっぴいニュース11月号」に”私のこれまで”の原稿を依頼されました。ちょっと気恥ずかしいけど、そんな年齢になったんだと自覚して書きました。

s-14980734_751117841692816_8044970071046616793_n.jpg


11月19日(土)、泉北ニュータウンで「近隣センター再生フォーラム」。「千里ニュータウン再生のこれまで」を近隣センター、住宅、市民活動から報告しました。近隣センターと地域との連携、行政の支援に議論が集中。その中で、行政の支援を受けないで、色々な年代の人が参加している「千里キャンドルロード」「千里市民フォーラム」に高い関心がありました。

s-15181604_757349107736356_3678693724204541421_n.jpg


11月21日(月)、最後の紅葉が見られるかなと、トレランシューズに軽荷で比良山系へ出かけました。坊村から奥の深谷沿いに歩き、急坂の小川新道をよじ登り、葉っぱの落ちたブナ林をのんびり中峠へ。曇天で風も冷たいので、いつもの武奈ケ岳はパスして、ワサビ峠、御殿山を経由して、天台修業の場として有名な葛川明王院に下山(時間5時間)。明王院は今が盛りの紅葉ですね。比良山系は20代に山を始めた頃からのホームゲレンデ。次は雪がしっかり降ってから来ます。

s-15094917_757885971016003_2153323791921432589_n.jpg


12月6日は私の特別の日。神様からまた一つ冠をいただきました。娘の家に行き、孫たちに祝ってもらっています。歳をとるごとに、ますます冒険&チャレンジしたいと思います。よろしく!※プレゼントはモンベルの帽子^_^

s-15380525_766868943451039_4089648973908635088_n.jpg


12月の第2土曜日は、10年前のH大時代の若い衆と一緒の恒例のパーティです。今年は7人とやや少なめでしたが、S教授、M助教も来て下さり、社会人になってからの苦労話、結婚してからの話などで盛り上がりました。

s-15380281_769762543161679_3824542504573555748_n.jpg


12月10日(土)のコラボ談話室のテーマは「限界を超える」。日本海から太平洋へ、日本アルプスを8日以内で縦走する「TJAR(トランス ジャパンアルプス レース)2016」の話題提供を私が行ったあと談話。限界≒目標に置き換えられること、みずから設定する限界と与えられる限界(試練)があること、短期の限界と長期の限界があること、目標が高ければ高いほど限界が身近に感じられること、限界(困難)を乗り越えるためには周囲の協力と周囲への感謝が不可欠なことなどが談話されました。年齢に関係なくチャレンジすることの大切さも教えられました。

s-15541671_771712292966704_7379598793027730270_n.jpg


イブの日は、茨木市・箕面市にまたがる彩都の裏山(鉢伏山)へ。某所からの依頼による"手軽に楽しめるトレッキングコースさがし"です。国土地理院地図の破線(山道、農道)を手掛かりに仮想ルートを設定してスタート。粟生岩阪の人々に利用されてきた里山の頂上からは、彩都越しに三島平野や生駒山が一望できる。踏査すること約3時間、私なりの"お気軽コース"ができました。
彩都は、若い頃、みんぱくの故U先生たちの参加のもと、構想づくりに関わった思い出深いプロジェクト。ここが大阪?と思えるほど奥深い山里だったあの頃がちょっぴりなつかしい。

s-15740975_780369858767614_3005696687477655303_n.jpg


クリスマスの日、相棒の属するT山岳会のみなさんに合流して、大峰山系・稲村ケ岳に出かけた。真っ青な空に真っ白な霧氷、スクッとそびえる大日山。やさしさも厳しさもある稲村ケ岳・・また行くよ!

s-15823113_780358758768724_3350855880639467890_n.jpg


12月29日、今年最後の山は、九度山から高野山まで約20kmの町石道をIさんと一緒に約6時間強歩きました。下山後、河内長野で反省会。今年は、日本百名山23座を含む46の山に登り、感謝、感謝です。

s-15697510_779953985475868_2268326951361409884_n.jpg


"おせち"の父親の分担(黒豆の煮豆)を早々と終えて、今年最後の山に行って帰ったら、「ほかに何かできる」と娘からメール。「たたき牛蒡、とりハム、数の子ぐらいかなー」と送ったら、「全部おねがい。大根のなますもできる?」と来た。おいおいちょっと待てよー・・と思ったけど、孫たちの喜ぶ顔を思い浮かべてOKの返事。えーい、どうせならと、さば寿司、サワラのキズシも準備。
大晦日に娘の家に出かけ、孫たちと新年を祝いました。

s-15781773_781454185325848_4534144991798348522_n.jpg


新年3日、食べ過ぎで鈍った身体にカツを入れようと、少し欲張って、中山寺~中山寺奥之院~中山最高峰~大峰山~武田尾~生瀬~清荒神を周回しました(約20km, 6時間)。この調子で、2017年もいっぱい山に出かけるぞ!

s-15823537_782711988533401_1023221294022263940_n.jpg
2017.01.05 / Top↑
またまたスポンサーサイトが出てしまった。
フェイスブックの記事をもとに、この間の出来事を記録にとどめます。

■大学同窓会
4月中旬、京都聖護院で開かれた、大学建築学科同期の卒後43年の同窓会。
90名のうち物故者12名、出席者45名。
58%の高出席率は、大学紛争時の昭和44年入学という特殊な環境による一体感と、
これが最後になるかも・・という想いからか。
多士済々のメンバー。それぞれに道は違うけど、みんな頑張ってきた。

s-13012616_656609224477012_5080704827805473104_n.jpg

■西脇の白山へ
3~4日おきに出かけた西脇市比延地区でのタケノコ掘りで、なかなか山に行けない。
ならば西脇の山に登ろうと、西脇市黒田庄門柳から1時間半で白山を往復。
頂上からは加古川と黒田庄の町・集落が見えた。
ツツジ、名前のわからない白い花、麓にはワラビ。

s-13043704_657614761043125_7397612700370320534_n.jpg

4月29日、約一ヶ月続いたタケノコとのバトルを終えた。
バトルは8回、各2〜3時間、約300本のタケノコを掘りました。
一部販売してもらいましたが、大半を千里の知人友人約50人にデリバリー。
多分美味しく食べていただいたでしょう。もちろん一番堪能したのは私ですが。。
そしてオーナー制の竹林を今後どう展開していくか、地区としてはこれが課題でしょう。

s-13087894_661643663973568_7631216452787226736_n.jpg

■上信越へ
タケノコ掘りのご褒美に、連休は上信越の山に遊びました。
4月29日の夕方、千里を出発!
タケノコ掘りで疲れていたのか、駒ヶ岳SAで4時間、姥捨SAで3時間、合計7時間寝てしまった。
姥捨SAからは、前日雪が降った戸隠山の絶景が見えた。

s-13138915_661879607283307_8725092038874977772_n.jpg

4月30日、富岡ICで下り、奥秩父の両神山へ行く途中、
甘楽町秋畑那須の斜面に広がる集落景観が・・・素晴らしい!

s-13096256_661907510613850_3750210053411986633_n.jpg

神流町の巨大な鯉のぼり・・観光名物になっているとか

s-13139005_661907457280522_5194201193717664960_n.jpg

■両神山 
両神山(1723m)の麓におそい10時に到着。
道路沿いの駐車場も満杯で、登山口から3.5km手前からのスタート。
沢沿に登っていくが、このところの変則的な労働と食生活のためか足が上がらない。
小屋から上の急傾斜で左右の太ももがつってしまった。
だましだまし午後2時半なんとか登頂。
頂上からは奥秩父の山(雲取山、甲武信岳、金峰山)、八ヶ岳山系が見えた。

s-13091948_662079197263348_4282596167456637491_n.jpg

s-13139044_662079200596681_8862480384704565302_n.jpg

6時に下山。その足で両神温泉薬師の湯で疲れた足を癒した。
尾瀬周辺の山(至仏山、武尊山、巻幡山)に登ろうと思っていたけど、28,29日に雪が降ったようで、難しいかもしれない。
ひとまず群馬へと、渋川の「道の駅こもち」へ車を走らせた。

■榛名山
5月1日、群馬県渋川の「道の駅こもち」で目を覚ました。
渋川伊香保・・といえば榛名山。そう思って、伊香保温泉を越えて榛名湖へ。
途中、1月に登った赤城山、その左に子持山が見えた。
榛名山の最高峰・掃部ケ岳(かもんだけ)を1時間半で往復。
榛名湖のほとりには、遅いヤマザクラとスイセンが満開。

s-13096084_662373347233933_5785893663936017423_n.jpg

s-13138798_662373353900599_6542323121638989003_n.jpg

■草津白根山
午後は、草津白根山へ。
登山口周辺は厳しい登山規制。それでロープウェイに乗って頂上駅へ。
最高地点へ登り、その後ぐるりと周回。残雪を踏みながら約2時間半のお気軽ハイクでした。
その後、高妻山に登ろうと、戸隠方面に向かった。

s-13087532_662479310556670_2312012127442556486_n.jpg

s-13138835_662479350556666_2038285223210934448_n.jpg

温泉王国に来たのだから、ちゃんとした温泉に入りたい。
伊香保、草津をパスし、志賀高原を越えて湯田中渋温泉郷へ。
道の駅で紹介されたのが湯田中駅前温泉「楓の湯」。
保存活用した旧湯田中駅と一体になった施設。
山ノ内町開発公社が運営している。300円もにくい!
旅をすれば色々なものに出会います。

s-13083128_662506203887314_2953096062817663765_n.jpg

■高妻山
4月2日、戸隠牧場から、弥勒尾根を登って高妻山(2352m)に到着。
予想はしていたけど5時間は長すぎ。

s-13102618_662785600526041_6855416471442880895_n.jpg

でも待っていたのは、真っ白な雪をかぶった、北に妙高山、火打山、焼山、東に黒姫山、
南に戸隠山、西に白馬岳などの後立山連峰の絶景!

s-13100804_662785627192705_279434996730525722_n.jpg

水芭蕉、山桜、片栗が満開の戸隠牧場・キャンプ場に4時に無事下山。
帰路の大洞沢沿には、ニリンソウ、エンレイソウ、アズマイチゲなど、早春の花が迎えてくれた。

s-13087709_662886983849236_253201786723105889_n.jpg

s-13103502_662886987182569_6218859145480367800_n.jpg

往復9時間半は厳しかったけど、高妻山は、残雪、大パノラマ、沢登り、花が楽しめる、
百名山の名に恥じない堂々としたお薦めの山です。

■妙高山
5月3日、高妻山から見た姿が美しかった妙高山を往復。

s-13151838_663304537140814_1769830356476727430_n.jpg

s-13119004_663304557140812_7886544916687898554_n.jpg

燕温泉を出発。最初はTシャツ一枚でルンルンの雪渓歩き。
そのうち45度以上ある雪の斜面、予報通りの猛烈な風。
なんとか登頂し、必死の写真撮影を終え、周回ルートに入ろうとして真っ青になった。

s-13151716_663304587140809_5152467183974584543_n.jpg

s-13151861_662785630526038_9072522026450669963_n.jpg

s-13096012_663304607140807_8797454213626112383_n.jpg

踏み跡のない痩せ尾根が伸びていたから。頭をよぎったのは滑落・・
オチツケ!と言い聞かせながら昼飯のにぎりを喉に詰めた。
そうだ、登ってきた道を下ろう!そう決めると、アイゼンで急勾配をひたすら下った。
下山後、野天風呂「河原の湯」に入った。この間、約10時間。

s-13096189_663304637140804_5469176167680446840_n.jpg

今年は雪が少ないとはいえ、妙高山は今の時期普通の人が登る山ではない。
甘く見ていたことを猛反省。

上信越の山から帰って1週間は、時間があれば食べ、寝ていました。
よほど体力を消耗したのでしょう。

s-13221028_667497910054810_5738852926838545886_n.jpg

そろそろ身体も元に戻ったので、さて次はどこへ行こうか?
山のプランを練っているところです。

2016.05.20 / Top↑