今年は頑張って、梅干し4kgを漬けた。
そろそろ赤紫蘇を・・・と待っていたが、千里のスーパーにはいっこうに姿を見せない。
それで、梅雨が明けた1週間ほど前に、白梅のまま土用干し・・・。
3日3晩干したあと、昨年の赤い梅酢に戻した。

もしかして、丹波に赤紫蘇があるのでは?と、知り合いのMさんに電話したら、
「4月の遅霜で全滅。急いで種を蒔いたけど芽を出さない。今年はダメです。」

コラボのカフェからも「赤紫蘇ジュース」用に打診されていたが、
まったく期待に応えられない。

s-DSCN6764.jpg

そんな話を富山の友人夫妻宅でしたら、
畑で育った2本のうちの1本を、宅配便で送ってくださった。
遠い富山から「北日本新聞」とともに長旅をした赤紫蘇くん・・・
梅干し用に大切に使います。

s-DSCN6822_20130717055652.jpg
スポンサーサイト
2013.07.17 / Top↑
本当に久しぶりのブログ・・・

梅は今が最盛期! 値段も安い!
丹波での仕事を3月にやめて、時間も比較的ある!
それで、梅を使った保存食をいろいろつくってみた。

まずは、基本の梅干し
4kg、塩分は10%・・・

s-DSCN6626.jpg

次いで、梅味噌
梅1kg、味噌1kg、グラニュー糖700g
いっしょに鍋に入れて、くるくるかき回すだけ。

s-DSCN6622.jpg

梅ジャムも・・・
梅1kg、グラニュー糖700g
穴をあけ、ゆでて渋みをとり、水にさらしてアクを取ったり、ちょっと大変

最後は、梅シロップ
梅2kg、氷砂糖&グラニュー糖1.5kgを瓶に入れて、数日間混ぜます。

s-DSCN6624.jpg

使った梅は、合計8kg・・・今年の夏は、梅で乗り切ります!
2013.06.18 / Top↑
今晩の食事
こごみのひたし、山の芋と大根のおろし、新タマとかに玉のサラダ、
ピーマンとウィンナー炒め、ぶりの照り焼き、ししゃも

ワインと一緒に・・・仕上げは、ご飯と味噌汁
ちょっと食べすぎ??

s-DSCN9709_20130426094651.jpg
2013.04.26 / Top↑
サクラの季節を過ぎると青葉・若葉、そして山菜のシーズン

千里ニュータウンのコミュニティカフェ「ひがしまち街角広場」
私は、この4月から、もっぱらその2階で仕事をしている。

街角広場のスタッフの女性から、山菜の「こごみ」をもらった。

s-DSCN9705.jpg

それで、夜は天ぷらにしてみた。
新タマネギ、新ごぼう、山芋、トマトもいっしょに
うーん・・・、だからこの季節は逃せません。

s-DSCN9706_20130423201817.jpg
2013.04.23 / Top↑
岡山の友人と丹波に行ったときのこと
「ウドナがあるね、ウドの香りがしておいしいよ」と友人が言う。

山菜好きで、大方の山菜を経験しているつもりの私も、
これは見たことも、食べたこともない。
葉っぱをこすると、かすかにウドに似た香りがする。

少しだけいただいて帰り、おひたしにしたら、なかなかいける。

Webで調べたら、わずかに記事が出てきた。
そのほとんどが私の郷里の美作の記事・・・
どうやら、きわめてローカルに食べられている山菜のようだ。
 
このページには、ハナウドのことをウドナと呼ぶとある。
 
それで、ハナウドを検索したら、こんなページが出てきた。

見ると、山でよく見る・・・あの花だ!
たしかに、これを見ると食べる気はしないかも。

しかも、こんな記述がある。
「ハナウドを食用にするという報告もないようです。一部に、若い茎を茹でて水に晒してアク抜きし、他の食材に混ぜて炒めものなどにするという報告がありますが、未確認です。このような場合、食べるのは避けるべきでしょう。」

●結論です。
ハナウド(別名ウドナ)の若い葉や茎は食べられます。
現に私は生きています。おいしいです。
そして、私の郷里・美作の人は、味覚が繊細である(笑)。

川沿いの土手で見かけられたら、一度チャレンジを!

s-DSCN9588.jpg
2013.04.07 / Top↑