FC2ブログ
塩津へ抜け、奧琵琶湖パークウェイに入ろうとしましたが、雪のために冬季は閉鎖。
そのまま永原へ。永原から南下し、大浦を経て菅浦へ。
途中に竹生島が見えました。この角度からの竹生島は初めてです。観光船も見えます。
s-FI1103328_0E.jpg

菅浦です。初めてです。
話には聞いていたのですが、かつては船でしかアクセスできなかった、陸の孤島と言われたところです。入り口に四足門と言われる、見張用のような門が残っています。
s-FI1103328_1E.jpg

集落の中に入ります。
山と湖に挟まれたわずかの平地に集落が形成されたために、一戸あたりの敷地は限られ、しかも住戸と住戸が近接しています。
敷地の外周は、風や水を防ぐためか、石垣で囲まれています。
s-FI1103328_2E.jpg

屋根は、北陸に特有の庇の深い切り妻です。
壁は、朱に塗られた柱・梁などの間に土を塗り込み、柱・梁をデザインにも活かした真壁。そして下部は、風雨雪に備えて、さらに板で覆っています。
屋根・壁・窓がなんともモダンです。
s-FI1103328_3E.jpg

淳仁天皇が一時期身を寄せたとかの伝説があり、塚が残されていました。

菅浦は、平家の落人伝説を納得させるに十分なぐらいに神秘的な集落でした。

菅浦からは、桜の季節には延々5kmもの桜のトンネルが続くという海津大崎を通って、マキノ、旭町へ抜けました。
このあたり、市町村合併で高島市になっていました。ピントきません。
途中、いま噂のマキノ・プリンスホテルがありました。

そして、国道161号を南下し、比叡山の麓、坂本へ。
久しぶりに鶴喜のそばを食べました。(写真:鶴喜の店構え)
僕はざるの大盛り、娘たちは豪華に鴨なんばん蕎麦。
これで、念願の近江牛と鴨が食べられたと、大満足の様子でした。
s-FI1103328_4E.jpg

... 続きを読む
スポンサーサイト



2005.03.08 / Top↑
宿に帰ると、温泉です。
透明の浴槽と、茶色に濁った温泉の2種類。
有馬温泉の金泉・銀泉のようです。

そのあと夕食。
鴨すきなどの贅沢はやめて、普通の夕食メニューにしましたが、フナのあらい、近江牛のたたきなどなど、湖北らしい料理に満足でした。
少なくとも、ハマチやエビなどの刺身が出てこなくて良かったです。
エビの天ぷらはありましたが・・。
s-FI1103263_0E.jpg

夜遅くまで家族話で盛り上がったのち、もう一回温泉に入って就寝。

朝起きて、もう一回温泉。

朝食は、塩ジャケ、温泉たまご、干し大根の煮物、ノリ、みそ汁、ご飯のごく普通のメニュー。この普通さがまたいいです。なぜか宿に泊まると食欲が増します。ご飯、大盛り三杯でした。中年は太りすぎに気をつけましょう。

s-FI1103263_1E.jpg

朝食のあと、娘のながーい化粧を待ったあと、北に向けて出発。木之本から余呉湖へ行きました。僕は初めて。

車でぐるっと一周するあいだに、北の方に山が見えました。地図で確認すると横山岳と分かりました。そういえば双耳峰になっています。
横山岳も過去2回登りましたが、一昨年登ったときには林道の整備中。春の花で一杯になる沢は、ブルドーザーが押し出した土砂で一杯。沢沿いの道は閉鎖され、斜面につけられた迂回路を無理やり登らされる。
ああこれでまた好きな山がひとつなくなった、と思った瞬間です。
s-FI1103263_2E.jpg

湖畔にこんな祠のようなものもありました。
詳細は不明。

s-FI1103263_3E.jpg

天女が羽衣を掛けたと伝えられる有名な柳です。
枝が垂れないで上を向いているのは、中国系の種類だからとか。
この柳、本当に羽衣伝説の頃からあるのかなあ・・・?


s-FI1103263_4E.jpg

2005.03.08 / Top↑
大手門通りの商店街の入り口のアーケードです。
デザインのモチーフは曳山です。
長浜の心意気が感じられます。

s-FI1103184_0E.jpg

黒壁一号館の入口。元銀行です。
中で外国のガラス製品、というか美術品をいろいろ見ました。
2階から降りるとき、転げ落ちそうになりました。

s-FI1103184_1E.jpg

北国街道を北に行ったところから、南を見ました。
このあたりで地酒の「大湖」のしぼりたてを買いました。
明日から楽しみです。

s-FI1103184_2E.jpg

商店街の中から、伊吹山が手に取るように大きく見えました。
僕の出身地である中国山地に囲まれたまちからも、季節ごとに姿を変える那岐山などの山が見えました。
僕は、山を見て育つかどうかが、その人の人格形成に大きな影響を与えると、今でも信じています。

s-FI1103184_3E.jpg

北陸本線にかかる人道橋からも、どっしりとした霊仙山が見えました。
いい眺めです。

s-FI1103184_4E.jpg

2005.03.08 / Top↑
もちろん、のっぺいうどんをいただきました。
娘は、滋賀に来たんだから「鴨か近江牛・・」ということで、
贅沢にも、しゃぶ牛入りののっぺいです。
とろみの効いただしにショウガの味、大きなシイタケ・・・。
腹の中から暖まります。

s-FI1103051_0E.jpg

長浜曳山博物館です。
長浜の曳山とは、祭りに使うだんじり風のもので、この上で子ども歌舞伎が行われることで有名です。

s-FI1103051_1E.jpg

曳山博物館を西の入り口側から撮影したものです。
ネオ数寄屋風のこの建物は、誰のデザインでしょう?

s-FI1103051_2E.jpg

同じく、曳山博物館の入り口側です。

s-FI1103051_3E.jpg

さきほどののっぺいうどんの茂美志屋さんのお店です。

s-FI1103051_4E.jpg

2005.03.08 / Top↑
宿のすぐそばは復元された長浜城。
中は資料館です。

彦根城

城のすぐ横が琵琶湖。
鴨がたくさん泳いでいました。
近づくとゆっくり逃げます。

かも

駅前にある、秀吉と石田三成出会いの像・・だそうです。
我が輩、世界史は強かったけど、日本史はとても弱いのです。

石田三成

北国街道に出ました。
北に向かって歩くと、かの有名な黒壁が出てきました。
この一帯は黒壁スクエアと銘打って、第三セクター(でしたよね)黒壁が経営する(又は参加する一般の)ショップがひしめいていました。
ガラスショップ、レストラン、工房、オルゴール館など、たしか29もありました。
人、人、人・・・。長浜はすっかり観光都市です。

長浜の街

早速、お昼です。
のっぺいうどんで有名な茂美志屋(もみじや)さんに入ります。
二階に上がると、下から梁組みが見える板の間に、3枚の天然板でつくられたテーブル(というより卓)に座ります。
僕のお気に入りのタイプの空間です。

みせ

... 続きを読む
2005.03.08 / Top↑