FC2ブログ
福寿草というと「花の百名山」で有名になった鈴鹿山系の藤原岳。
でも、同じ鈴鹿山系の最北端に位置する霊仙山も素晴らしい。
昨年、この時期に出かけたときには、
福寿草がタンポポのように咲き乱れ、一面の「お花畑」だった。

今年は雪が多いから、まだ早いかな・・。
雪の中にひっそりと咲く福寿草を見たいな・・・と、霊仙山に出かけた。

落合集落から登るつもりで彦根インターから山道を進むと、
4日前の崖崩れで通行止め。
仕方なく引き返し、いつもの醒ヶ井の養鱒場から、くれが畑の廃村へ入る。
道はいつものようにOff Road だなあ。

登山口には車が約10台といつもより多い。
みんな福寿草めあてだ。
準備ののち8時スタート。
(写真:霊仙山の東斜面)

s-FI1181776_0E.jpg

汗拭き峠を過ぎ、雑木林へ入る。
雪はまだ残っているが、木々は春の準備。
気温15度。春風が心地よい。

カルスト地形の笹原へ。
鳥居のある池は今日は凍っている。

トンビ岩を過ぎ、斜面を登って、霊仙山の山頂へ。
北に伊吹山がどっしりと見える。
その左に金糞岳、横山岳がぼんやり見える。
去年見えた白山、御嶽山、中央アルプスなどは霞の中だ。
南に御池岳、藤原岳、御在所岳が見える。
(写真:伊吹山)

s-FI1181776_1E.jpg

南峰で南西尾根を登ってきた夫婦と話す。
先週は見事に咲いていた福寿草が、今日は雪の下に埋まって、ひとつも見られなかったとか。
残念! 、雪の中にひっそりと咲く福寿草を見たかったのに・・。

小休止ののち南西尾根を進む。
尾根には雪が多い。
春の日がさんさん、春風がそよそよ・・。
南に鈴鹿山系の山々、西に琵琶湖がうっすらと見える。
ああ、天上の楽園・・。
(写真:南西尾根を行く)

s-FI1181776_2E.jpg

ひょっとして福寿草が咲いているかも・・と、
日当たりの良い斜面の中に入ると、
「あった!」
小さな蕾の福寿草。

しばらく歩くと大きな福寿草。
でも、尾根で見かけた福寿草はこの2つだけ。
(写真:福寿草)

s-FI1181776_3E.jpg

斜面で日を浴びながら、イカナゴの釘煮の入ったにぎりで昼飯。
福寿草目当てのハイカーが横を何人も通っていく。

食事ののちに、雪解けでドロドロになった急斜面を降る。
この時期の霊仙山はいつもこうだ。

落合の集落へ降り、汗ふき峠を経て、くれが畑の廃村。
そして、日の長くなった名神を一路大阪へ。

今日から春山。
ピッケル、アイゼンともしばらくお別れだなー。
(写真:落合の集落)

s-FI1181776_4E.jpg

... 続きを読む
スポンサーサイト



2005.03.28 / Top↑