FC2ブログ
ハノイでは、近年、伝統的な町家の保存が始まっています。
これは、そのひとつ。

s-FI1222652_0E.jpg

ハノイの町家は、京都の町家のように
間口は狭く、奧行きが長ーい。
中は、建物、中庭、建物、中庭・・・というふうに、3~4の複数の住居が連続して建てられている。
その複数の住居をどのように利用するのか?
その謎を解くのが、複数の住居と中庭をつなぐ、ほそながーい通路。
真っ暗です。

s-FI1222652_1E.jpg

中庭です。
明かりとりや通風、遊び場、緑を楽しむ場・・・・。
京都の町家の中庭と同じように、いろいろな役割を果たしているようです。

s-FI1222652_3E.jpg

屋根裏を見上げたところです。
小屋組みのデザインがいい・・・。

s-FI1222652_4E.jpg
... 続きを読む
スポンサーサイト



2005.04.07 / Top↑
ハノイです。
ハノイもホーチミンと同様に、緑が多くて、美しく、活気のある都市です。

s-FI1222221_0E.jpg

フランス植民地時代につくられたヴィラ。
その多くは、今では公共建築物として使われています。

s-FI1222221_1E.jpg

ホーチミンもそうでしたが、ギャラリーが多い。
油絵、水彩画、水墨画・・・、いろいろな絵が売られています。
絵を好む国民なのかなー。
僕は、ハノイ郊外のドンホー村で伝統的に刷られている版画を買い求めました。

s-FI1222221_2E.jpg

ハノイ市民の憩いの場、ホアンキエム湖。
ハノイの旧市街地は、ホン川沿いの湖や池のある地区を開発してできたそうです。
ハノイのいたる所に湖があり、「水の街ハノイ」を印象づけています。
でも、開発によって少しずつ姿を消しています。

s-FI1222221_3E.jpg

ホアンキエム湖畔でくつろぐ人々です。
ベトナムは、自由主義経済を導入したとはいえ、やはり社会主義の国。
そのためか、あるいはシャイといわれる国民性のためか、ホーチミンでもハノイでも、人前で手をつないだり、抱き合うカップルは見かけませんでした。
そんな中で見つけた、恋人の腰に手を回す女性。
なんだか、ホッとしました。

s-FI1222221_4E.jpg

2005.04.07 / Top↑
今日は、1週間ぶりに自転車。
上の娘が研修を終え、今日から車で通勤。
僕は、雨が降ろうが、風が吹こうが、今日からは自転車か電車・バス・・。

家を出るとき、スタンドを立てたままにしていて、カーブを曲がるとき、いきなりこけそうになった。
そういえば、1週間前にも、携帯○○で話しながら坂道を片手運転していて、思いっきり横倒しにこけてしまった。
携帯って、自転車もダメって本当だなー。

(写真:旧集落・上新田のまちなみ)

s-FI1222114_0E.jpg

自転車は時間がかかる。
夏は暑く、冬は寒い。
交通事故の危険性が高い・・。
だれでも分かっている・・?

でも、メリットもいろいろある。
不良中年の運動不足の解消になる。
いろいろルートを選べる。
道草ができる。

そして、Blogを始めて気づいたのだが、Blog用の写真をすぐ撮れる。
「ブロッガーには、車より自転車・・・」なーんて、自分を納得させたりして・・。

千里ニュータウンに囲まれた旧集落・上新田にある道標をパチリ。
左かちおじ(勝尾寺)、右さいでら(佐井寺)と読める。

s-FI1222114_1E.jpg

草むらに発見!
スミレさんです。

こんなに花びらの大きいスミレは初めて・・。
春の雨に濡れて、しっとりです。

s-FI1222114_2E.jpg

昨日暖かかったので、さくらが一段と開花しています。
七分咲きといったところでしょうか。

s-FI1222114_3E.jpg

上から見下ろしたさくらです。
見事です。

s-FI1222114_4E.jpg
2005.04.07 / Top↑