FC2ブログ
今日は、千里中央公園を通り抜けてやってきた。

今日はどうも全国的に快晴らしい。
桜の花もまだ残っている。

いろいろな人が、いろいろなことをして
それぞれの時間を楽しんでいる。

当然のことながら、公園には車が入ってこない。
人々は安心して、歩き、遊び、憩い、交流できる。

公園って、社会的に弱い立場にある人にやさしい場所だなと、改めて思う。

s-FI1248163_0E.jpg

木陰で絵描きを楽しむ人。

このほかにも、数人の画家。

花と緑がいっぱいの春は、
人々を自然に外に誘い出すようです。

s-FI1248163_1E.jpg

ワンちゃんを見つけて、
一緒に遊ぶ子どもたちです。

「このワンちゃん、何ですか」
「シーズです。チベット系の血が混ざった・・・」

「写真撮らせていただいていいですか?」
「どうぞ。はい、○○ちゃんこっち向いて・・」

「今年、12歳です。
もう目が見えなくて、臭いだけで動いているんですよ」

犬の世界にも、高齢化社会が押し寄せているようです。

s-FI1248163_2E.jpg

桜を楽しむ、仲のいいご夫婦です。

こういう風景はいいですね。

s-FI1248163_3E.jpg

池の中で、なにやらやっています。

よーく見ると、タイヤでつくったボートに人が乗って、
釣りをしています。

すごーい。
たくましい高齢社会です。

s-FI1248163_4E.jpg
... 続きを読む
スポンサーサイト



2005.04.14 / Top↑