FC2ブログ
昨日は、1ヶ月ぶりに歯医者へ。
朝9時、珍しく空いている。

この歯医者は歯槽膿漏の権威で、遠方からも患者が来るから、いつも一杯。
予約していても、2時間も待たされることがある。

それに、ブラッシングの指導でも有名。
20歳そこそこの歯科衛生士さんの前で、約20分間歯磨きして、注意されて3千円。
でもブラッシング指導のおかげで虫歯になりにくくなった。

それでも1~2年もすると、どこかおかしくなる。
今回は、ベトナムのドリアン入りの飴をかんでいて、埋めものの金具が取れてしまった、トホホ・・。
それで歯医者に行くと、やっぱり周りに虫歯ができていた。
(photo:月見草?)

s-FI1346991_0E.jpg

例のベッドのような椅子に座ると、今日は35歳ぐらいの元気そうな先生。
「○○さん、今日は○○したあと、△△、××します」
太い声、ていねいな説明。
インフォームドコンセントってやつか・・・。
「○○さん・・・」と名前で呼ぶのもいい。
うーん、なかなか好感もてるー。
「はい、椅子倒します」「はい、起こします」
「お口をゆすいでください」・・・・とってもていねい。
(photo:ハルジオン?)

s-FI1346991_1E.jpg

「お口あきます」、いきなり幼稚園の先生のような言葉づかい。
おっと、それ文法的間違い!!
正しくは「お口あけてください」だろうな。
歯の上から電流を通し、その時の痛みで虫歯の程度を測定。
次にガーガー音を立てる例の機械で、虫歯のまわりを削る。

「はい、椅子倒します」「はい、起こします」「お口をゆすいでください」
「はい、椅子倒します」「お口あきます」・・・
その間、ずーっと「お口あきます」が気になる。
でもいい。ていねい、仕事もてきぱき、信頼できる。
(photo:千里ニュータウンの並木)

s-FI1346991_2E.jpg

プロと言われる人のてきぱきとした仕事をじっと見ていると、
ゾクゾクッとするときがある。
大工さんが口の中に入れた釘を次から次に打っていくときとか、
左官屋さんが筋ひとつつくらないで、壁を塗っていくときとか。
理容院(今はカットハウス?)で最後に顔をマッサージしてもらうときや、
頭や肩をパンパン叩いてもらうときもそうだ。
今日は、なんだかそんな感じ。
(photo:タニウツギ)

s-FI1346991_3E.jpg

虫歯のあとに埋め込む金具の型を取るために、
ひんやりとした石膏のようなものを下の歯に、上の歯にも・・。
そのあと、プラスティックのようなものを仮埋め。
てきぱきとした動作のたびごとに、口のまわりは激しいマッサージ。
その間、「○○さん、楽にしてください」「はい、お口あきます」・・・
耳元で太い声がずーっとささやく。
「ああ、もうダメ・・」

「○○さん、○○さん・・・」、突然、先生の声で目が覚めた。
「○○さん、お口あけてください」
今度は「お口あきます」ではなかった。
それにしても、だいぶ疲れてたなー。
(photo:昼咲き月見草-われもこうさんに教えていただきました)

s-FI1346991_4E.jpg
... 続きを読む
スポンサーサイト



2005.05.10 / Top↑
歯医者のあと、いつもの中央公園へ。
例のベンチのまわりに人が集まっています。
そのまわりを黒いものが疾走。
「あっ、フランク、久しぶり・・」
フランクは、毛を刈ってもらって、少しスリムに。
でも、トレードマークの長い舌は相変わらずだなー。

s-FI1347047_0E.jpg

アイちゃんのお得意のポーズです。
大好きなテニスボールをしっかりキープしています。
今日はアイちゃんの方から近づいてきて、なめてくれた。
もう、変なおじさんではなさそうです。

s-FI1347047_1E.jpg

レックス。
まっすぐに立てた尻尾が、ゆらゆら揺れています。
一緒に遊ぼうって言ってます。

s-FI1347047_2E.jpg

プードルのぽんちゃん。
お人形さんみたいだねー。
もっとお話ししたいな。

s-FI1347047_3E.jpg

ウエストハイランド・ホワイト・テリア君。
ちゃーんと覚えましたよ。
<
連休明けに久しぶりにお友達にあったワンちゃんたちは、とても嬉しそう。
不良中年の毎日もまた楽しくなります。

s-FI1347047_4E.jpg
2005.05.10 / Top↑