FC2ブログ
連休は部屋にこもって、仕事?漬けだったので、
そのご褒美とばかりに、あすから3日間、大峰山系の奧駈道を歩いてきます。

1日目は前鬼の小屋まで電車・バス・徒歩でいき、
2日目は釈迦ヶ岳、八経ケ岳、弥山、行者還岳、
3日目は大普賢岳、山上ヶ岳、大天井ヶ岳、吉野山へと帰ってきます。

帰ってきて、すっかり修験者みたいになっていたらどうしましょう、いや本当に・・・。

(Photo:大普賢岳から弥山・八経ケ岳方面 050320) 
 
s-FI1368299_0E.jpg

... 続きを読む
スポンサーサイト



2005.05.15 / Top↑
エンレイソウです。
もう花は終わって、実を付けています。

s-FI1368234_0E.jpg

バイケイソウの群落です。
見事です。

s-FI1368234_1E.jpg

日本庭園を進みます。
「山が笑っている」誰かが言いました。
もう微笑むと言うより、大笑いの山です。

s-FI1368234_2E.jpg

○○ツツジです。
やさしい橙色です。

s-FI1368234_3E.jpg

馬酔木の新芽です。
光っています。

むかし女の子、男の子たちは御池岳がすっかりお気に入り・・・。
また秋に来よう・・・ということになりました。

s-FI1368234_4E.jpg
2005.05.15 / Top↑
でました、カタクリです。
今年初めてのカタクリです。
しばらく登ったところに、かろうじて咲いていてくれました。
これを見ないでは帰れません。

s-FI1368187_0E.jpg

ユキザサ? のようです。

s-FI1368187_1E.jpg

マムシグサ

s-FI1368187_2E.jpg

キランソウのようです。
丹波のたぬきさんに教えてもらいました。

s-FI1368187_3E.jpg

じゃーん、ニリンソウの群落です。
集まって咲くと、また違った印象です。

s-FI1368187_4E.jpg
... 続きを読む
2005.05.15 / Top↑
高校の同窓生5人で鈴鹿山系の最高峰、御池岳へ出かけました。
お天気も良く、春の花も一杯で、むかし女の子、男の子たちは初夏の山を満喫しました。

御池岳の花のスライドショーです。
登り始めて30分ぐらいのところに咲いていたヤマブキソウです。
たしかにヤマブキに似ています。

s-FI1368148_0E.jpg

オドリコソウです。
笠をかぶった踊り子のような花びらから、この名前が付いたそうです。

s-FI1368148_1E.jpg

新緑の雑木林の中を
むかし女の子たちが登っていきます。
みなさん、作州美人です、いや本当に・・・。

s-FI1368148_2E.jpg

紫の、今にも折れてしまいそうな、かわいい花びらがついています。
ヤマエンゴサクだそうです。
丹波のたぬきさんに教えていただきました。

s-FI1368148_3E.jpg

・・・・・・・
分かりません。
大根の花のような、小さい花が一杯ついています。

s-FI1368148_4E.jpg
... 続きを読む
2005.05.15 / Top↑
濃いピンクの、ボタンの花のようなバラです。

s-FI1367996_0E.jpg

オレンジとピンクの混ざった、しかもグラデーションのきいたバラ。
僕の中のバラのイメージはこれです。

s-FI1367996_1E.jpg

わたし、これから咲きまーす。

s-FI1367996_2E.jpg

黄色の、やや小ぶりの花が一杯ついたバラ。
黄色もいいですね。

s-FI1367996_3E.jpg

最後はもう一度このバラ。
どなたかが似たようなバラを「ナニハイバラ(浪速いばら)」と紹介されていました。
これもそうでしょうか。
カジュアルで、明るくて、元気そう・・・。

「このバラが好きです」と2,3人の方から、コメントいただきました。
その方々も、カジュアルで、明るく、元気で、
まわりの方々から愛されているのではないのでしょうか。

s-FI1367996_4E.jpg
2005.05.15 / Top↑