FC2ブログ
奧駈道を急ぎましょう。
今日中に吉野まで歩き、大阪へ帰らないといけないのです。
龍泉寺の主人は「吉野まで6時間半」と言っていましたが、
僕たちは6時までには着くつもりで12時半に出発。

有名な西ノ覗岩です。
絶壁の上からロープで逆さに吊され、手を合わせている例の写真のところです。

s-FI1416057_0E.jpg

ここにも名前が付いているんでしょうね。
大峰らしい風景です。

s-FI1416057_1E.jpg

陀羅尼助(だらにすけ)茶屋です。
奧駈道の上に、道の部分をくり抜くようにつくっています。
この北にある洞辻茶屋もそうですね。

s-FI1416057_2E.jpg

吉野をめざしてひたすら歩きます。
なんとなく里山の風景になってきました。

s-FI1416057_3E.jpg

五番関の女人結界です。
午後2時半、相棒も手を振ったりして・・・、まだまだ元気です。
雨具を着ていますが、雨雲はどこへやら・・・、僕はやっぱり晴れ男です。

s-FI1416057_4E.jpg

... 続きを読む
スポンサーサイト



2005.05.25 / Top↑
五番関からは時間短縮のために大天井ヶ岳には登らず、トラバースルートを進みます。
びっくりするような巨岩です。

s-FI1416117_0E.jpg

百丁新茶屋跡に立つ二蔵小屋です。
小屋の入り口に貼ってあった説明板には、
「大峯修行者の有志が集まり、多数の関係者のご好意を受け、数々の奉仕活動によって建立されました。
吉野古道の維持管理活動、一般の人々の避難小屋として開放します。
平成7年 吉野古道保存会」と書かれていた。
吉野や大峯はこのようにして守られてきたのですね。

s-FI1416117_1E.jpg

ハイウエイから古道へ入り、四寸岩山へ。
名前からして簡単そうな山なのにアップダウンの激しいこと。
小屋を出てからほぼ10時間、疲れのたまった足にこたえます。
たまらず、四寸岩山の手前でトラバースルートへ・・・。
ところがハイウエイの上の崩れかけた道です。

5時半、新茶屋跡。最終目標の金峯神社まで2時間はかかりそうです。
暗くなってからの転落を避けるために、ここで歩くのをやめました。

s-FI1416117_2E.jpg

新茶屋跡からタクシーを呼び、青根が峰、金峯神社を通り吉野へ。
撮影のベストポイントと言って車を止めてくださったところからの写真。
そういえばよく見るアングルです。
「来年の桜の季節には、上市からバスに乗って大滝まで行き、
大滝から吉野の山に登り、桜を見ながら下らはったら・・・」
沢沿いを歩きながら桜が楽しめるとっておきコース・・・、
僕たちの来春の山行プランに決定です。

s-FI1416117_3E.jpg

途中、蔵王堂で車を止めてもらい、記念撮影。
3日間に及ぶ僕たちの北奧駈が終わりました。
帰りの列車の中、僕たちは奧駈を無事終えたことに感謝し、
缶ビールと非常食で乾杯・・・。
大きなザック、日焼けし、すっかり出来上がった顔で、帰宅途中の人々があふれる大阪の街に戻ったのでした。

s-FI1416117_4E.jpg

2005.05.25 / Top↑
朝10時半、千里中央公園へ。
あっ、いたいた、ワンちゃんたち。

ワンちゃんたちに会うのは10日ぶりかな。
大峰山に出かけたのと、
帰ってからは急ぎの仕事で朝早く出かけたために、
なかなか会えなかったのだ。

あいちゃん久しぶりー。
いつ見ても美人で賢そうだなー。

今日も尻尾を振りながら近づいてきて、愛想してくれました。
でも、お気に入りのボールは口の中にしっかりくわえたまま・・。

s-FI1407857_0E.jpg

フランク、元気だった?

あっちへウロウロ、こっちへウロウロ・・、
相変わらずです。

s-FI1407857_1E.jpg

2匹仲良く、木陰で休憩です。

s-FI1407857_2E.jpg

「うーっ、ワン、ワンワンワン・・・・」

フランクがあいちゃんに、急にちょっかいを出します。

「お姉ちゃん、遊んで・・」なのでしょうか。
それとも「僕のお気に入りのボール返して・・」なのでしょうか。

身体を伏せて、構えの姿勢も十分です。

でもあいちゃんは平然・・・、余裕です。

s-FI1407857_3E.jpg

「ワンワン、ワンワンワン・・・」

あまりのしつこさにあいちゃんの堪忍袋の緒が切れます。

ボールをくわえたまま、獅子のように牙をむきます。
口のまわりの筋肉がぴくぴく痙攣しています。
(どうぞ拡大して見てください)

戦闘の火蓋が切られるか・・・、見ている方がハラハラです。

ワンちゃんたちのお母さんに聞くと、このボールはフランクのもの。
でも、犬には所有の概念がないから、あいちゃんもフランクも
お気に入りのボールで遊ぼうとして、時々衝突が起こるとか・・・。

同じような場合でも、6歳のあいちゃんは年上のプードルのぽんちゃんには敬意を表し、
1歳で新米のフランクは子ども扱いらしい。

人間社会では所有に固執する人が多く・・・、
このところ上下関係にもとづく礼儀作法なんか失われてしまっているんだけど・・・。

うーん、犬の社会からもいろいろなことを教えられます。

s-FI1407857_4E.jpg

... 続きを読む
2005.05.25 / Top↑