FC2ブログ
北海道の山から帰りました。その間、訪問し、コメントくださった方々にお礼とともに、「これからもよろしく・・・」とご挨拶申し上げます。

今回登った山は
 1 幌尻岳(2052m):日高山脈
 2 カムイエクウチカウシ山(1980m):日高山脈
 3 トムラウシ山(2141m):大雪山系

相棒が昨年残した山に、北海道の山は初めての小生が同行したものです。

Photo:幌尻岳(戸鳶別岳より)

s-FI1586495_1E.jpg

山の中では雨には一度もあわず(やはり晴れ男!?)、
稜線付近の一面のお花畑は、まさに「神々の峰の楽園」でした。

しかし、楽しいことばかりではありません。
北海道の山は、信州の山などより登山口が約1000m低く、
2000m級の山は3000m級の山ということ。

今年は雪が多かった上に、3,4月の気温が低く、雪融けが遅れたため、
残雪が多く、川の水位も高く、腰までの渡渉や雪渓の登高を強いられる。

Photo:カムイエクウチカウシ山(頂上は雲に隠れて見えない)

s-FI1583646_1E.jpg

これらに加えて、
 ・林道と川を歩いての長いアプローチ
 ・緑・岩・雪・池がつくる稜線付近の雄大でおおらかな風景
 ・すべての高山植物をいっせいに咲かせたような一面のお花畑
 ・エゾシカ、キタキツネ、ナキウサギなど身近に見られる生きもの
 ・熊の出没の危険
など、北海道の山は違います。

このような北海道の山の魅力と厳しさを少しずつご紹介しましょう。

Photo:トムラウシ山(化雲岳より)

s-FI1583646_2E.jpg

... 続きを読む
スポンサーサイト



2005.07.09 / Top↑