FC2ブログ
最近、食べ過ぎなので、今日はうどんです。

店じまいの時間だからか、下のうどんが見えないくらいに、
わかめとネギを思いっきりたくさん入れてくれました。
これで160円・・・だから、味には文句を言いません。

s-FI2121992_0E.jpg

そして、ヨーグルトです。
発酵性食品は、毎日とるようにしています。

M三郎さんに比べると、量もカロリーも1/3でしょうか?
多分、仕事も運動量も1/3ぐらいでしょうが・・・
歳をとるとこの程度で十分ですが、ついつい食べ過ぎます。

s-FI2121992_1E.jpg

... 続きを読む
スポンサーサイト



2005.12.09 / Top↑
最近、企業の社会的責任:CSR(Corporate Social Responsibility)として、企業が環境活動を行ったり、NPOなどを支援する例が見られますが、Patagonia社の自然環境保全活動は、世界的によく知られた例のようです。

Patagonia社は、クライマーで有名なイヴォン・シュイナードが始めたアウトドア用品のメーカーで、特にウエアに定評があるようです。
僕が山を始めた頃、シュイナードのザックがあり、ミレーやカリマーと並んで有名で、山屋は、使っているザックによって○○派と呼ばれていました。
当時のミレーはデザインに比して縫製が弱く、シュイナードは頑丈だけど重たく、カリマーはバランスがよいとの定評があり、僕はカリマー派でした。

さて今回、娘からのプレゼントによって、Patagoniaの環境活動の一端に触れることができました。
左の小さいタグに、「売り上げの1%を地球環境の活動に使うメンバーである」とあります。

s-FI2121209_0E.jpg

こちらは、ジャケットが入っていた袋です。
下の方に、「この袋は古米が原料の生分解性プラスティック(フローラ)を使用しています。再利用でききる間は繰り返しお使いください。」とある。
環境問題の基本である、リデュース(廃棄物の発生抑制)、リユース(再利用)、リサイクル(再資源化)の考えが、ちゃーんと入っている。

こんなことがさらりと書けるPatagonia社は、すごいなーと思ってしまう。
大阪が本社のモンベル社なんかも環境活動を行っているけど・・・
どうせ買うなら、機能・デザイン・値段も大事だけど、やはりこういうスピリットをもったメーカーのものを買いたいし、身につけたいと思います。

ちなみに、不良中年はマイバッグを2つカバンに忍ばせていて、できるだけレジ袋はもらわないようにしています。

s-FI2121209_1E.jpg

... 続きを読む
2005.12.09 / Top↑
今年の誕生日は終わったと思っていたら、またまたお祝いです。
生命保険の元気のいい女性社員がプレゼントをもってきてくれました。

花瓶にさした菊の花は、お香です。
しばらく香りを楽しみ、香りがなくなったら焚いてくださいとのこと。
営業の一端とはいえ嬉しいですね、早速、職場の部屋に飾りました。

このところ毎日のように訪れる、元気のいい、新人の女性外交員・・・
僕の元気のもとになっています。

s-FI2121182_0E.jpg

2005.12.09 / Top↑