FC2ブログ
今日の弁当

おかずは、残り物の里芋の煮物、
昨晩つくったこんにゃくの醤油煮込み

ご飯は、大根葉とじゃこのきんぴら

ほとんど・・・ベジタリアン!

s-FI2168541_0E.jpg

スポンサーサイト



2005.12.26 / Top↑
昨日、大峰山系の観音峰山に登った帰りに、下市でこんにゃくを買って帰りました。

吉野は、柿の葉寿司、葛、柿などと並んで、こんにゃくでも有名・・・
だから、大峰に行った帰りによく買って帰ります。

パックに入った”商品”は、1個で300円ぐらいするけど、レジ袋に詰めた”お徳用”は、なんと7個も入って500円・・・安い!!

s-FI2168458_0E.jpg

家に帰って、こんにゃくの醤油煮込みをつくりました。

こんにゃくを入れた水を沸騰させ、臭みを抜きます。
味がしみるように、表裏に包丁で斜めに切り込みを入れました。
ダシ、醤油、酒、みりんでやや濃いめの味を付け、唐辛子を1つ入れ、弱火で約1時間煮込みます。

ハイできあがり!! 両面から味がしみ込んで、美味しうございます。
美味しいこんにゃくが腹一杯食べられる・・・僕のささやかな喜びです。
吉野では、店頭で、串に刺して、こんな感じで売ってます。

s-FI2168458_1E.jpg

... 続きを読む
2005.12.26 / Top↑
昨日は、約1ヶ月ぶりに大峰山系へ
女人禁制の山上ヶ岳に登れない女性が、南から山上ヶ岳を拝するために登る
「女人大峰」として有名な稲村ケ岳(1725m)をめざしました。
名前もよく、冬はルートに適当な緊張感のある、僕の好きな山の一つです。

5時過ぎに豊中を出発、西名阪自動車道で奈良県に入り、二上山、葛城山、
金剛山を右に眺めながら、下市町、黒滝村を経由して、天川村へ。

大峰山詣での門前町・洞川は、一面真っ白。屋根から大きなつららが垂れ下がって、
まるで信州のよう・・・・12月でこんな雪は初めてです。

s-FI2168217_0E.jpg

名水で有名な「ごろごろ水」の汲み場を過ぎてしばらく行くと、登山口の母公堂(ははごどう)へ到着。
ここは、役行者にゆかりの施設のようです。

駐車場に車を止めて準備・・・スパッツもピッケルも8ヶ月ぶりです。

s-FI2168217_1E.jpg

母公堂のそばから登山開始。

登山口の積雪は60cm・・・こんなに深い雪は、多分初めてです。
トレース(踏み跡)はなく、数日前の踏み跡の上に新雪が積もって、かすかに登山道と分かる程度です。

先頭を行く相棒の足が雪の中にズポッ、ズポッと入っていきます。
「今日は、稲村ケ岳まで無理かな?」
「稲村小屋までかなー」

s-FI2168217_2E.jpg

途中、登山道を見失い、10分ぐらい全くの坪足で上ったあと、沢沿いの登山道を見つけ、復帰できました。

一時間近く歩いて、鍾乳洞からの道との合流点に到着・・・
2時間ぐらい休憩なしで登る僕たちには珍しく休憩し、ここでワカンを付けました。
相棒の手前は、25年以上も使っている、不良中年の革靴、籐のワカン、ウッドのピッケルです。

ここから先は、前日のものと思われるトレースが一つありましたが、歩幅が大きくて、
そのまま使えず、ほとんど坪足のラッセル状態です。

s-FI2168217_3E.jpg

途中、杉林が切れたところから、奧駈道の大天井ヶ岳方面が見えました。

それにしても、今日は一面青空のいい天気です。
ははは、やっぱり晴れ男!!

s-FI2168217_4E.jpg

... 続きを読む
2005.12.26 / Top↑
杉林の中を進むと、雪の量はさらに増えます。

いつもはスイスイ進むところが、足が雪に食い込み、なかなか進みません。
ラッセルを交代しながら、ゆっくり進んでいきます。

途中、三重県の伊賀から来たという中年の単独さんと一緒になりました。

s-FI2168231_0E.jpg

11時、法力峠に着きました。
夏は1時間半のところが、なんと3時間半です。

稲村ケ岳へのトレースはなく、西の観音峰山へ踏み跡がついています。
どうやら、昨日あたりの大股の登山者は、稲村ケ岳をあきらめて、観音峰山(1347m)をめざしたようです。

稲村ケ岳に向けて、白倉山の斜面をトラバースするラッセルはさらに長く厳しいはず。
小屋との中間まで行けるのがやっとかな・・・と判断し、今日は観音峰山から稲村ケ岳を眺めることにしました。

s-FI2168231_1E.jpg

観音峰山への登りは・・・うーん、勾配がきつくて、厳しい!!

でも天気は良く、目印のテープがしっかりついているので大丈夫。
相棒がどんどん登っていきます。

s-FI2168231_2E.jpg

尾根につくと、東の手前にピラミダルな白倉山、右手に尖った大日山と稲村ケ岳が見えてきました。

天気も良く、いい眺めです。

s-FI2168231_3E.jpg

雪面には、日射しを浴びて、長ーい影

その中に、大きな人の足跡・・・、小さな獣の足跡・・・
鹿?、猪?

s-FI2168231_4E.jpg

... 続きを読む
2005.12.26 / Top↑
風がつくり出した雪の造形です。

s-FI2168237_0E.jpg

上を見ると、雪が積もった杉の大木の上に、真っ青な空

s-FI2168237_1E.jpg

ブナの木も雪化粧です。

s-FI2168237_2E.jpg

1時間半ほど登った観音峰山の手前の三ッ塚あたりで昼食!!
今日は、コンビニで買った助六(昨日の夕飯が弁当に化けた!)、
相棒がもって来た滋賀県・鯖街道の鯖寿司、そしてみそ汁です。

2月の氷ノ山、5月の大峰・奧駈道、6・7月の北海道の山、相棒は9月にキリマンジャロなど、
今年も一年間、山で無事に楽しく遊ばせてもらったことに感謝して、日本酒で
「カンパーイ、来年もよろしく!!」

デザートはFちゃんにもらったケーキです。

s-FI2168237_3E.jpg

食事をしている間に、お日様は南から西へ

稲村ケ岳と左の大日山に日が当たって、きらきら輝いています。
いい眺めです。

そのあと、5時間かけて登った山を1時間半で下り、下市で名物のこんにゃくを買って、一路大阪をめざしました。

s-FI2168237_4E.jpg

... 続きを読む
2005.12.26 / Top↑