FC2ブログ
桜が満開の吉野山に出かけた。
関西に住んでいながら、桜の季節に吉野に出かけるのは初めて!!

昨年の5月に大峰山の奧駈をやったとき、タクシーの運転手さんから、
桜の季節に、東の大滝から吉野山に登り、下ってきたら・・・と勧められた。
けれど、今日は時間がないから、午前中に上千本から下ることにした。

朝5時出発、六田駅に車を止めて、タクシーで7時金峰(きんぷ)神社へ
義経かくれ塔や、近くには西行庵があるなど、歴史に彩られたところです。
このあたりは桜は咲きはじめたばかり・・・人影はありません。

s-FI2489590_0E.jpg

新しく設置された「大峯奧駈道」と書かれた案内板
これも世界遺産効果ですね。

金婦神社も蔵王堂も、そのほかの神社・寺院もすべて
大峰山の修験道にゆかりのある施設・・・そしてひとつだったんですね。

s-FI2489590_1E.jpg

少しくだったところにある水分神社・・・しだれ桜で有名です。

吉野は、尾根の道沿いに街が細長く形成され、そのまわりに
人々によって植えられた山桜が一面に広がるところです。

広い敷地が必要な神社や寺院は、尾根の平坦地につくられても、
道は神社や寺院を迂回するようになります。
神社や寺院は、道の正面の”アイストップ”に位置するようになるために、
より一層存在感が増します。

s-FI2489590_2E.jpg

本殿

入母屋風?の破風が3つ並んだ、特異な建築様式です。

s-FI2489590_3E.jpg

拝殿と本殿の間にある庭のしだれ桜

桜めあてのカメラマンが・・・いっぱい!

s-FI2489590_4E.jpg

... 続きを読む
スポンサーサイト



2006.04.21 / Top↑
上千本のつづら折りの坂道から見た、吉野の街と桜
最も有名な、吉野を代表する風景です。

今日は晴れていますが、霞がかかっています。
吉野の空撮写真が掲載された朝日の夕刊によると、黄砂のようです。

s-FI2489601_0E.jpg

少しアップで

尾根や谷の緑を縫いながら帯状に広がる桜
尾根筋に形成された神社・寺院や町家のまちなみ
吉野の桜は、これらを遠くから眺めて楽しむものだと分かりました。

s-FI2489601_1E.jpg

東の斜面

新緑の黄緑と桜のピンクが・・・いいですね。

s-FI2489601_2E.jpg

桜をアップで・・・

吉野ほとんどの桜は、山桜・・・花と同時に葉っぱが出ます。
ソメイヨシノのような派手さはありませんが、それだけに見飽きません。

ところどころにソメイヨシノもありましたが、吉野には似合いません。
まるで、整形されたような容貌と大きなオッ○イの○姉妹のようで・・・

s-FI2489601_3E.jpg

桜をさらにアップで

「もう、葉桜になっていて、ぱっとしなかった・・・」
そう言いながら帰る観光客も多いそうです。

s-FI2489601_4E.jpg

... 続きを読む
2006.04.21 / Top↑