FC2ブログ
昨年に続き、梅干しをつけ込みました(6月20日)。
今年も減塩の10%に挑戦です。

関西で梅干し用の梅と言えば、皮が薄くて肉厚の紀州の”南高梅”!
熟すると赤く色づきます。
水で洗い、しっかり乾燥させ、へたをとります。

南高梅が誕生し、広く栽培されるようになるまでには、
南部高校をはじめ、多くの人の努力があったのですね。


梅を消毒するとともに、梅に塩をしっかり付けるために、
梅を梅酢に漬ける(右上)・・・昨年からこの方法です。

塩をまぶし(右下)、瓶の中に入れる(左下)。

この作業のために、梅酢は毎年、大切に保存しておきます。



塩の付いた梅を、瓶に丁寧に並べます。

残りの塩も全部入れる。


雑菌の侵入を防ぐために、
梅酢につけたガーゼ(ふきん)を軽く絞って、梅を覆う。



落としぶたを置き、重しをのせ、梅酢が上がってくるのを待ちます。
2~3日待っても梅酢が上がらないようであれば、誘いに梅酢を入れる。

昨年作った梅がまだ残っているのですが、
この季節、梅干しをつくらないと、忘れ物をしたようで落ち着きません。

それに娘も、”お父さんのつくった、すっぱい梅がいちばん美味しい!”
って言うもんでね、へへへ・・・


... 続きを読む
スポンサーサイト



2006.06.22 / Top↑
今年もツユクサが咲きました。

毎年5月末になると、プランターのあちこちに顔を出す。
ツユクサを育てているんじゃない!と、引き抜いたけど、
かわいそう・・・と、一株だけ植え戻した。

そうすると、どんどん伸びて、ブルーの花をつけました。
今年も一番元気なのは・・・ツユクサ嬢です。

この花を見なくては、やっぱり夏を迎えられません。


2006.06.22 / Top↑
昨年に続いて、今年も新生姜の佃煮をつくりました。

新生姜1kgをスライスし、熱湯で2~3度ゆでこぼして辛みをぬく。
醤油100cc、砂糖150gを煮立てた中に、生姜をしっかり絞って入れ、
水分がなくなるまで炒りつける。
途中でじゃこを入れ、好みに応じてゴマを入れて完成。
酒やみりんを入れても良い。

酒の肴に、箸休めに、にぎりの具に・・・この季節ならではの一品!!


... 続きを読む
2006.06.22 / Top↑