FC2ブログ
南部の曲家(江戸時代中期)
曼珠沙華(彼岸花)と一緒にパチリ!

左手が母屋(人のスペース)、右は厩(うまや)
冬でも、にわ越しに馬の様子がわかる・・・うーん、素晴らしい!

厩の屋根だけが、煙出しの役割をする”入母屋”なのは、
囲炉裏の暖が、厩にも届くようにとの配慮から・・・うーん、素晴らしい!


平面プラン

部屋数の多い立派な民家だったことが分かります。
だいどこの床のデザインがいいな・・・


手前から見た全景です。

棟は、草棟というつくりで、アヤメに似たイチハツやカンゾウを植え、
花を楽しんだそうな・・・

”環境共生”なんて言葉は、この頃はなかった!!


入り口です。

直角に曲がった、草の生えた藁屋根・・・迫力あります。


だいどこの炉です。

土間につくられた炉は、家族が囲んで座れるように、
つくられています。


... 続きを読む
スポンサーサイト



2006.09.26 / Top↑
大和十津川の民家(江戸時代後期)

こちらも急傾斜地に建っていたから、
室や土間が横方向に並らんだ、細長いつくりです。

屋根は、杉材のソギ葺き(板葺き)、
軒先には雨よけがめぐらされています。



平面プラン

北側は、切り立った石垣に接していたのか、
一直線状の板塀です。

板塀に沿って、なんどが細長くとられているのも面白い!


越前敦賀の民家(江戸時代後期)

入母屋の屋根は、妻(つま)の下部がカットされています。
壁は、柱を塗り込めた大壁・・・なんとなく、ドイツの民家風です。

入り口は、左手の平(ひら)の真ん中・・・個性的です。


平面プラン

これは”平入り”の「大浦型」、
”妻入り”は「余呉型」「伊香型」と呼ばれるようだ。

部屋を6つ並べた”食い違い六つ住まい”というつくり


小豆島の農村歌舞伎舞台(江戸時代末)

娯楽が少なかった頃、神社の境内で村人が座って、
村人が演じる歌舞伎を楽しんだのですね。




... 続きを読む
2006.09.26 / Top↑
※平面プランが見たいという熱烈なリクエストに勝手にお応えして、
 バージョンアップしました(笑)。
 出典:「日本民家集落博物館ガイドブック」(2001年4月)

服部緑地に来たら、せっかくだからと、日本民家集落博物館へ・・・
失われていく民家を残そうと、昭和31年から
全国各地の12の民家が移築され、保存・活用されています。

入口・受付は・・・河内布施の長屋門(蔵や室をもつ門、江戸時代中期)
塩爺の名前で人気のある塩○正十郎氏の家のものです。


コスモスの向こうにあるのは、日向椎葉の民家(江戸時代末)

平家落人伝説のある村の急傾斜地に建っていたので、
室や土間が横に並らんだ、細長いつくりです。

でいと呼ばれる中央の室では、12月に神楽が演じられ、
村人は南の縁側に座って楽しんだそうだ。


平面プランです。
拡大してみてください。


10月14,15日の2日間、
関西初の椎葉神楽がここで演じられる。



奄美大島の高倉(江戸時代末)

いかにも南国らしいつくりですね。


... 続きを読む
2006.09.26 / Top↑
このところ肩が凝って、頭も重い。
理由は2つ・・・?深夜までのパソコン作業、?山に行っていない!

それで昨日は、気分転換に・・・と、近くの服部緑地に出かけた。
戦前からある大阪を代表する公園・・・甲子園球場の33倍はすごい!

さすがに日曜日だから、人やワンちゃんがいっぱい!!
でっかいピレニアン君が迎えてくれました。
へへへ、マーキング中・・・ですよ。


池の中から霧が吹き上げて・・・
建物のデザインはもうひとつだけど、ちょっと幻想的!

娘が小さい頃、家族で時々来たけど、こんなのなかったなー・・・



せせらぎも新しくつくられていました。
ここは、子どもたちの格好の遊び場のようです。

近くでは、ボール遊び、お弁当、バーベキュー・・・


円形の円形花壇・・・服部緑地らしい光景です。

近くには、芝生広場
昔、家族で弁当を食べたり、子どもと隠れ家を造ったりしたなー・・
そんなことを思い出していると、ちょっとセンチになっちゃった。


花壇の横にあった店に行くと・・・あれれ、新しいし、場所も違う!

若い男性に尋ねると、
叔母さんの名前から、”M食堂”で親しまれていたけど、
10年以上前に移転して建て替えられ、自分が跡を継いでいるとか。

そうか、やっぱり10年以上も来ていなかったんだ・・・
アイスクリームをいただいて、外に出ました。


2006.09.26 / Top↑
日本庭園に行くと、白い睡蓮

近くでオッサンが魚釣り・・・フナが釣れていました。


径沿いの花壇に、これは芙蓉だな・・・


えーっと、???


これはメキシカンセイジ・・・だな。


草原にはいると・・・ヨメナ?


このあと、緑地内にある民家集落博物館へ・・・



... 続きを読む
2006.09.26 / Top↑