FC2ブログ
赤坂山へ登ったところで、ちょっと休憩・・・
今回のルートのご紹介です。

興味のある方は、最大に拡大してご覧ください。


スポンサーサイト



2007.02.06 / Top↑
ブナ林の向こうに、琵琶湖がきらきら輝いています。
いい天気になりました。


稜線が近づくと、さすがに雪が多くなる。

相棒はスノーシュー、不良中年はワカンをつけた。



稜線の粟柄越に到着

赤坂山へ向かって、ゆっくり登っていきます。
左は福井県美浜町、右は滋賀県高島市・・・


直下から見た赤坂山の頂上・・・

小さな雪庇が張り出していますね。


11時、登山開始から2時間半で赤坂山到着

風紋がなかなか個性的ですね。


... 続きを読む
2007.02.06 / Top↑
先週、敦賀の野坂岳から眺めた、近江・若狭国境の
赤坂山(824m)・三国山(876m)へ出かけた。

5時半:豊中出発、8時:マキノスキー場到着
スキー場の入り口に車を止め、8時半出発

予定では、赤坂山、三国山へと北進、黒河越から林道を下る
総距離14kmの長丁場だけど、うーん空は曇っているぞ。



スキー場の横から、林道を登ります。

もう25年も前、山岳会の約10名でスキー登山をした。
その時は赤坂山の下で雪洞を掘って一泊、翌日
三国山を往復、稜線を南下してスキー場へ下った。

昨晩は同窓会で遅くなり、飲み過ぎ・歌いすぎ・・・
調子は今ひとつだけど、先行の2パーティを追い越した(笑)。




約1時間で、四阿(あずまや)のある展望台へ到着

こんなに長かった???
25年前は連れられて登ったので、ほとんど記憶がない。

低気圧が移動したのか、予報どおり、空が晴れてきた。



谷へ下り、沢沿いを登ったのち、尾根へ取り付きます。

ここからは、雑木林の中の静かな登山道・・・



青空の中、稜線上の真っ白なピークを仰ぎながら、
現れだしたブナの林の中を登っていきます。

雪山はいいな・・・そう実感する瞬間です。


2007.02.06 / Top↑
陸の孤島の夕食・・・久しぶりの「くじら屋」さんです。

うっ、天津飯??と思ったけど、やっぱり夕定食を注文
ほかに、大根サラダ、みそ汁、豆腐の冷や奴

天津飯のあんかけには、挽肉ときくらげ?
スプーンで飯を崩し、あんかけと混ぜながら、もぐもぐ・・・
予想を上回る美味しさでございます。
玉子は、朝定食のスクランブルエッグと同じ味だ!(笑)

そのあと、陸の孤島でシュラフにくるまり、お泊まり(爆)


... 続きを読む
2007.02.06 / Top↑
ブログを初めてもうすぐ2年
一眼レフなのにカバンに入る、カメラを斜め掛けして登山可能、
どこに行くにもこのカメラと一緒・・・もう身体の一部です。

ところが、最近、このカメラに重大な異変があった。
野坂岳からの下山中、黒のレンズ・キャップを落としたのだ。



・・・で、しばらく手袋をかぶせてしのいでいた。
可愛いと言えば可愛いのだが、これではちょっとね・・・。

メーカーに問合わせたが、こたえは「生産終了、部品なし」
しかも、伸縮するレンズの内径に、バネで着脱させる
特殊な形をしているから、代用品がない。

それで、レンズ・キャップを自分でつくろうと決めた。
材料は、木、プラスチック・・・???



昨朝、電気カミソリで髭を剃りながら、丸いキャップを見て、
何かのキャップが使えないかな・・・?、と思いついた。

探したら、何年も使わ(え)ない髪用ムースの蓋がほぼ近い!
金属用のこぎりでゴリゴリ・・・、当ててみるとやや小さい。
それで、ガスコンロで温めながら、プライヤーで広げた。

すると、ジャーン・・・ピッタリではないか!!
キリで穴を開けて紐を付け、カメラに固定・・・
これでまた、愛機と一緒に二人三脚ができそうです。


... 続きを読む
2007.02.06 / Top↑