FC2ブログ
アップで・・・・
尖峰の笈ヶ岳の向こうに、白山が見えます。

この角度から白山を見るのは、初めてかも・・・
4月に笈ヶ岳に登った相棒も、雄大な景色に改めて感嘆!


東には、桂湖の向こうに、
明日登る予定の人形山、三ヶ辻山・・・



360度の眺望を楽しんだら、さあ下山!!

天気が回復して、カタクリがいっせいに開花している。
途中、コシアブラ、コゴミなどの山菜をいただき・・・

しばらく下ると、午後のブナの林もまた美しい!!


下山ののち、五箇山地区へ

さて、夕食と明日の朝食、弁当をどうしよう??
五箇山には店らしい店がないので、白川郷まで走った。

そして、五箇山の道の駅へ



夕食は、和風の弁当
道の駅のレストランで、岩魚を焼いてもらった。

さあ、食べよう・・・としたところに、大阪から急用の連絡!
夕食を終え、高速道を大阪へ急いだ。

人形山、大笠山へは、また近いうちに来よう!
それにしても、日本にはまだまだ立派な山があるなー(笑)



2007.05.30 / Top↑
12時過ぎ、約1時間半で大門山到着!
頂上付近には雪が残っている。

先に到着した相棒が地元・高岡の男性と情報交流・・
ベテラン風の男性も、この山は初めてのようだ。


南には、ブッシュ越しに白山山系の山々・・・

手前から、奈良岳、大笠山、笈ヶ岳(おいずるがだけ)、
遥か向こうに、白山はぼーっとして見えない・・・残念!



頂上で昼飯としましょう。

今日のにぎりは、味噌シリーズ(梅、からし、蕗)
味つけ海苔を巻いていただきます。

おかずは、冷蔵庫にあったごぼう天、空豆(笑)



時間もあるので、稜線の分岐点まで戻り、
赤摩木古山(あかまっこやま)まで足を伸ばした。

登山道にはまだ雪が残っている。


約30分で赤摩木古山に到着

うわーっ、360度の大展望!!、天気も回復してきた。
大笠山、笈ヶ岳、その向こうに白山が見える!!

新緑の向こうに、残雪を抱く白山山系の山々・・・
いつまでも眺めていたい景色です。



... 続きを読む
2007.05.29 / Top↑
医王山から下り、
東海北陸道の五箇山ICから林道を登り、ブナオ峠へ

ブナオ峠付近には人がいっぱい!
登山者と思ったら、山菜採りの地元の人たちだ。
ネマガリタケをはじめ、今が山菜のシーズンのようだ。





11時前、白山山系の大門山(1572m)をめざして出発!
新緑のブナ林の中を登っていきます。



ブナの大木があちこちに・・・
ガスが晴れ、日が照ってきました。


しばらく登ると、稜線とともに、谷筋に残雪が見えてきた。

ここは、かつて秘境と言われた五箇山・・・
この冬は雪が少なかったとはいえ、豪雪地帯なのだ。。


カタクリ、イワカガミ、ツバメオモト、タムシバ
春の花を満喫しながら、稜線の分岐点へ・・・

大門山方面へコースをとると、急勾配のぬかるみ道!



... 続きを読む
2007.05.29 / Top↑
日曜日、越中・加賀国境の山に遊んだ。

相棒が始めた”日本300名山”踏破に同行したのだ。
都合がつけば、私も同行しようと思っているが、
はたして相棒のパワーにどこまでついて行けるか(笑)

4時出発、尼御前(加賀市)で海岸の清掃活動を見た。
”美しい日本”は、このような人々で守られているのだ。




まずは、医王山(いおうぜん、939m)へ
医王山は金沢市の奧にある秀峰として知られる。

HPには、「白山を開いた泰澄大師が薬草が多いので育王仙と名付けたが、大病にかかられた元正天皇に薬草を献上したところ快癒され、医王山と命名された」とある。

富山県の福光から林道を登り、夕霧峠へ
8時半過ぎ、30分かからないからと、空身で出かけた。



途中見かけた、ツツジに似た花。
ウラジロヨウラク?


こちらはイワカガミ

ピンクの花がパッと開いて、かわいい!
アカバナヒメイワカガミ?


医王山の頂上

晴れを期待していたのに、あいにくのガス・・・
山岳マラソン・レースのお兄さんと一緒に下山

往復40分・・・本番の大門山の足馴らしでした(笑)。


2007.05.28 / Top↑
このところの疲れを飛ばそうと、ゴーヤチャンプルー!
材料は、ゴーヤ、豚肉、豆腐、人参、エリンギ、玉子

ゴーヤを中華鍋でさっと茹で・・・へへへ、料理人気分(笑)
材料を順に炒め、塩・胡椒、オイスターソースで味つけし、
最後に玉子でとじた。

味は、まずまずだが、娘曰く「にがい」
うーっ、ゴーヤは、苦いものなんだ!!


... 続きを読む
2007.05.28 / Top↑