FC2ブログ
2日目の朝日岳~白馬岳には、1日目の蓮華温泉~朝日岳とはまた違う高山植物が見られた。それらをご紹介しましょう。タカネグンナイフウロ(朝日岳・水平道) ペールブルーが鮮やかです。キヌガサソウ(朝日岳・水平道) キヌガサソウの見事な群落があった。ショウジョウバカマ(朝日岳・水平道) 春先の花だが、雪融けが終わったばかりの沢筋に、 かわいい花を咲かせていた。ツガザクラ(朝日岳・水平道) チングルマなどと一緒に、可憐な花を咲かせていた。ミズバショウ(朝日岳・水平道) この時期にミズバショウが見られるとは思わなかった。清楚で、幻想的な姿を見せてくれた。
スポンサーサイト



2008.08.22 / Top↑
白馬岳をゆっくり下ると、白馬山荘 1500人収容の、我が国最大の山小屋だ。テラスでは、先に到着した人たちが眺めを楽しんでいる。受付のあと、展望レストランでビールをいただいた。そうです、ステーキまでいただけるのです。途中一緒になった豊田市の単独行さんと話が弾む。小屋の人に尋ねると、今年は白馬岳をめざす人が特に多い。当然、ビギナーも多くなる。白馬岳での滑落、落石などによる遭難が頻発しているのは、 これと無関係ではないとのことだった。夕食です。平日とはいえ、お盆シーズンだから、人が多い。セルフ方式で、順にとっていきます。美味しくいただきましたが、朝日小屋との違いは明白ですね。※料金は、まったく同じです。食後、テラスで眺めていたら、だんだん霧が晴れてきた。白馬三山の残り二つ(杓子岳、鑓が岳)が夕日を浴びている。思わず・・・パチリ、パチリ、パチリ。。。西の旭岳に夕日が沈みます。こちらも・・・パチリ、パチリ。。。北島康介の平泳ぎ2冠をニュースで知って、床についた。この晩、3000mの稜線は、明け方冷え込んで寒かった。さあ、明日は、下山です。
2008.08.22 / Top↑
ちょっと早いけど、お昼にすることにした。コンロで湯を沸かし、相棒はおかゆをつくり、 不良中年は、みそ汁づくり・・・ 富山だけあって、ご飯が美味しい!昼のあとは、雪倉岳の南斜面を・・・るんるんで下ります。南斜面には、イブキジャコウソウ、タカネイバラなどの高山植物が見られた。下ったところに、小さな雪倉岳避難小屋があった。鉢ヶ岳の東斜面をトラバースしながら、三国境(富山・長野・新潟の県境)まで、緩やかに登っていきます。お花畑は、どこまでも続きます。ハクサンイチゲのお花畑越しに、雪渓を・・・パチリ!三国境までの坂道から、めざす白馬岳が見える。もうすぐ・・・です。三国岳までのガレた斜面には、コマクサ、ウルップソウなどの高山植物が見られた。三国境を越え、一気に白馬岳を目指します。頂上直下で、重い荷物の同○社の女子4人が休憩していた。
2008.08.22 / Top↑