FC2ブログ
能勢町からの帰り、柿と栗を買い求めた。能勢町は、昔から栗の生産で有名だ。大きく、甘く、高価で売れたから、”銀寄せ”の愛称がついた。今でも、立派な栗は、神戸のマロングラッセ、小布施の栗きんとんになると聞いた。「丹波栗のルーツは能勢栗」・・地元の人はそう言う。私が買った栗は、粒が小さいが、ゆで栗には十分・・・ 柿の袋には、「久保柿」と書いてあった。小さいが、しっかり粉が吹いていて、甘い!昔、郷里に2本あった甘柿は、この柿かもしれない。そんなことを思いながら、秋の味覚を楽しむ、今日この頃・・・
スポンサーサイト



2008.10.03 / Top↑