fc2ブログ
ストックホルムは、陸と海と島の街
港に入ってくる船は、遊覧船でしょうか??

s-DSCN1039.jpg

こちらは、ハマルビー地区と対岸の島を結ぶ水上バス?
10分間隔で、ひっきりなしに発着していました。

s-DSCN1488.jpg

こちらは、ロンドン郊外、ミルトンキーンズの中を流れる水路に浮かぶナローボート
水路は、産業革命の頃に、物資を運ぶために掘られたとか。
狭い水路を走られるように、幅は2m程度・・
しかし、長さは10mに及ぶものもあるようだ。

s-DSCN0836_20100926233124.jpg

ナローボートは免許がいらないので、観光客が借りて楽しむこともできる。
屋根の上にミニトマトやハーブ類・・・
尋ねてみたら、この人たちは、ナローボートが自宅だったのですね。

s-DSCN0840.jpg
スポンサーサイト



2010.10.03 / Top↑
Tubeと呼ばれる地下鉄
大阪でもそうだが、地上に出ている部分も多い。

路線ごとに、複数の民間会社が経営しているようだが、
この路線は、このデザイン・・・

Photo:ケンジントン駅にて
s-DSCN0576.jpg

車内は、こんな感じ・・
手すりを兼ねたポールが林立している。
ラッシュ時に車内を移動するのは、難しい。

s-DSCN0091_20100927002006.jpg

これは、ストックホルム、ハマルビー地区を走るLRT(低床の高速路面電車)
日本でも、岡山、富山など、いろいろな都市で導入されていますね。

s-DSCN1464.jpg

そのLRTの停車駅に入ってきた、路面バス
最初分からなかったのだけど、電車とバスの停車駅を兼用している。
廃線敷きをバスが走るのは多いけど、現役の軌道をバスが走り、
駅を兼用している・・・うーん

s-DSCN1506.jpg

2010.10.03 / Top↑