FC2ブログ
不良中年は、千里を移動するときは、いつも自転車
今の自転車は、買ってから7~8年、その間タイヤも3~4回替えた。
ずいぶん頑張ったから、そろそろ引退させなくっちゃ・・
そう思いながら、もう1~2年がたつ。

知り合いの自転車屋さんに行ったら、ちょっとかっこいい自転車がある。
自動車のメーカーSAABの製品だ。
「ざっと半額とお買い得・・、最後の一台です」
こういう言葉に弱い不良中年は、即決で買ってしまった。

ところが、
「目立ちますから、盗まれないように、チェーンで固定してください
 サドルも盗まれないようにチェーンをかけてください
 ライトも盗まれるから、離れるときは外してください」

それで、ハンドルの前にカゴを付けたら、ママチャリ風になった。
「これなら大丈夫かな?」
そう思いながらも、「箱入り娘」のように部屋に入れたままの不良中年です(笑)。

s-DSCN2557.jpg
2010.12.16 / Top↑
「引っ越ししたんやけど、食事にでも来る?」
「えっ、もうおわったんか? じゃあ、今度の日曜日・・」
というわけで、大阪市内の南堀○に引っ越した次女の新居へ出かけた。

娘は何も言わなかったけど、この時期の食事会だから
きっと不良中年の誕生パーティを兼ねていることは分かっていた。
夕方、迷いながら到着すると、近くに住む長女と亭主も来ていた。

め○とは○は、「じいじ、じいじ・・」と喜んで迎えてくれた。
8月に生まれたこ○は、ますます大きくなっていた。

2階分の吹き抜けがあることが“売り”のダイニングで家族揃って食事・・・
娘の料理は、見かけ、味ともに、すっかり板に付いてきた。
女の子から女性へ、そして母親に・・・女はいつのまにか成長するのだ。

s-DSCN2574.jpg

食事のあと、ささやかな誕生日パーティ
まわりに6本、真中に1本のろうそく・・・それなりの意味があるようだ。

「じいじ、ばいばい・・、また来てね」
め○とは○に見送られて、長女夫婦といっしょに家を出た。

s-DSCN2584.jpg

今年もまた新しい冠(年齢)をいただいてしまった。
そして、年が明ければ、女房が亡くなって11年目を迎える。
年寄りじみないで、私なりに頑張り、そして楽しもうと思う。

2010.12.15 / Top↑
この数年、12月の第2土曜日は、我が家で十数名のパーティがある。
不良中年が会社を早期に退職し、陸の孤島にいたとき一緒に過ごし、
今は社会人となった娘や息子のようなメンバーを迎えて・・・

2週間前からメニューを考えて、次のように決めた。
 ●オードブル(クラッカー、チーズ、ジャム類) 
 ●カブラの千枚漬け風(カブラ、昆布、甘酢)
 ●野菜サラダ(水菜、レタス、ブロッコリー、ハム、ドレッシング類)
 ●ポテトサラダ(じゃがいも、タマネギ、キュウリ、ニンジン、マヨネーズなど)
 ●ふろふき大根(大根、甘味噌)
 ●山芋と大根のとろろ汁(山芋、大根、玉子、だし汁)
 ●イカめし(イカ、餅米)
 ●ニラ焼き(小麦粉、ニラ、玉子、山芋、豚、ポン酢)
 ●よせ鍋(豚、鶏団子、豆腐、マロニー、ネギ、水菜、菊菜、ニンジン、エノキ・しめじ・シイタケ)

メールに流した情報・・・
「寄せ鍋だけでは淋しいので、前菜はお腹がふくれない程度の野菜中心のメニューにしました」
 ※実は不良中年が好きなものばかり(笑)
「酒、スゥイーツ類はみんなでもってきなさい」
 ※重くて、面倒くさいことは、若者に任せます(笑)

必要な食材の書き出しと買い出しは、数日前から・・・
ふろふき大根とイカめし、カブラの千枚漬けは、前々日から・・・
その他のメニューは、当日の昼前から大急ぎで準備・・・

s-DSCN2572.jpg

夕方6時、12名が次から次に我が家に集まった。
酒、ケーキ類だけでなく、鶏の唐揚げとトンカツをもって来たので尋ねると、
「脂っこいものも少しあった方がよいと思って」・・・なるほど、若いもんね!

ツーリングが趣味のO君が大粒のカキをもってきたので尋ねると、
「今朝から、岡山に近い室津まで買いに行ってきました」・・・うーん、すごい!

「おいしそうなケーキやねー」
「グ○マシー○ューヨークです」
「知ってる、知ってる・・・」

テーブルに並べると、こんな感じです。
※ふろふき大根、とろろ汁、ニラ焼き、よせ鍋は、写っていません。

s-DSCN2554.jpg

ワイワイ、ガヤガヤ、みんな飲んで、食べて、しゃべって・・・
毎年同じようなメニューで申し訳ないが、お世辞にもおいしいと言ってくれた。
ポテトサラダ、イカめしには少し自信があったが、カブラの千枚漬けが一番の人気だった。

「みんな、よう来てくれました。結婚などでメンバーが少なくなっても、
よほどのことがなければ、しばらく続けますから、また来てください」
そういって、みんなを見送った。

・・・で、これは何だって??
お腹がいっぱいだから・・と、この夜は出番がなかったが、翌日の午後、
近所のおっさん連中と昼からビールを飲みながら食べた、へへへ、ニラ焼きですよ(笑)。
2010.12.14 / Top↑
私が”陸の孤島”に通っていたのは、もう3~6年前になる。
その陸の孤島に、ヨルダンからやってきた超美人のR嬢がいた。

R嬢は、日本語を習得したあと、修士課程、博士課程と進み、
この12月、幾多の困難を乗り越え、学位を授与され、
多分7年ぶりに母国へ帰ることになった。

s-DSCN2433.jpg

イスラムの女性が極東の国へ来て学ぶには、想像以上の困難がある。
その彼女を支え、今は社会人となった研究室の仲間たちが送別会を開いた。

「不良中年さんも来ませんか?」
娘とほぼ同年齢の若者たちから案内をもらったので、のこのこ出かけた。

R嬢には、みんなからのメッセージ帖とともに、
大好きなキティちゃんのグッズ、グッズ・・・が渡された。
この間の苦労を思い出してか、R嬢は涙を浮かべながら、
とつとつと感謝の言葉を述べた。

R嬢は、きっと日本と日本人が好きになったことだろう。
ヨルダンに帰っても、日本での経験を生かして、きっと頑張るだろう。

s-DSCN2477.jpg

さて、その若者13人が今週末、我が家に集結して忘年会を開く。
この3~4年の恒例の行事なのだが、メニューは何にしよう??
ポテトサラダ、ふろふき大根、イカめし、山芋のとろろ、ニラ焼き、寄せ鍋・・・
頭を悩ませながら、結構楽しんでいる不良中年です(笑)。
2010.12.07 / Top↑
日本一小さい村、富山県舟橋村に住む友人ご夫妻が千里を訪ねてきた。
地域の人が集まっておしゃべりやお茶を楽しめる場をつくりたいと、
ひがしまち街角広場とコラボを見学するためだ。

お昼に千里中央でおちあって、新千里東町をぶらぶら散歩し、
街角広場でしばらく話しながらお茶、そしてコラボへむかい、地下鉄駅で見送った。
このあと、大阪、京都で2つのコンサートを楽しんで、富山へ帰られた。

s-DSCN2418.jpg

お二人を見送って家に帰ると、富山の畑でとれた野菜が・・
そして今日、家の前から望める剣岳の写真が届いた。
剣岳は、頂上付近がうっすら雪化粧・・いい眺めだ。

みんなが集まれる場所ができたら素晴らしいな。
そして、お二人ともお元気で、仲良く・・・

s-2010.12.02_立山_002
2010.12.02 / Top↑