FC2ブログ
篠山の農村地域を訪ねたら、こんな民家がありました。

入母屋(いりもや)づくりの端から、小さな入母屋づくりが飛び出している。
東北や中国地方に見られる「中門づくり」・・・
厩、作業場、便所、出入り口、主棟への通路などに使われたようです。

屋根は、トタン葺きですが、このような様式がまだ残っているのですね。

s-DSCN3120.jpg
スポンサーサイト



2011.02.26 / Top↑