FC2ブログ
先週のはじめ、ここに行ってきました。
そうです、千里の万博公園です。

太陽の塔は、梅雨空をしっかり睨んでいました。

s-DSCN3876.jpg

お目当ては、この展覧会です。

s-DSCN3879.jpg

みんぱくは、何年ぶりでしょう。
明日が閉会と知り、こんな展覧会はもうないだろうと、あわてて来ました。

s-DSCN3880.jpg

館内には、ウメサオさんが生前行った「知的生産の技術」の成果が、
所狭しと並べられていました。

角材とビニールなどを使った、手作り感一杯の展示は、
何でも興味を持ち、自分でつくったウメサオさんを偲ばせます。

s-DSCN3890.jpg

スケッチ、地図の書き写し、京大式カード・・・
膨大な資料を全部見ようとしたら、半日はかかりそうです。

知人のK先生がアフリカから送った手紙もちゃーんと展示されていました。

30代の頃、「千里国際文化都市(現在の彩都)構想」づくりでウメサオさんにお世話になったときは、
委員会のあとの懇親会のワインを買いに走った不良中年ですが、
改めて”知の巨人”の偉大さを思わずにはいられませんでした。

s-DSCN3891.jpg

2011.06.19 / Top↑
「サヤエンドウは、生が一番ですよ・・」
「えっ、生ですか??」
「シャキシャキしておいしいですよ」

そう言われて、篠山市東部のK地区でいただいたサヤエンドウを
ほかの野菜と一緒に、生で食べてみた。

シャキシャキ・・、ほのかに採れたての甘い味
たしかに、生でもいただけます。
しかし、ちょっぴり青臭い味も・・

「せめて、レンジでチーンしたら?」
そう言われて、レンジで1分・・・
やっぱり、熱を加えた方が正解のようです。

※ちなみに、人参も生です。

s-DSCN3837_20110602222938.jpg
2011.06.13 / Top↑
週末の丹波・・・
ワラビをいただこうと、昼休み、職場の裏山へ出かけた。

ヤマボウシの白い葉っぱは、この季節ならではです。
山が白いと、「あれはヤマボウシ」と口癖のように言って、笑われたことがある。

右に見える白い小屋の中には・・・

s-DSCN3838.jpg

そうです、こんなものがいるのです。
国蝶オオムラサキが幼虫からさなぎに変身しています。

「不良中年さん、さわってみます?」
と言うから、おそるおそるさわると・・・
さなぎが勢いよく、びんびんと左右に腰を振るからびっくり!

「蟻などに食べられないように、身を守っているようですよ」
うーん、なるほど・・・

それにしても、ほとんど蝶の形をしていますね。
幼虫からさなぎになるとき、中でどのような変化が起こっているのか、
実はまだよくわかっていないようですよ。

s-DSCN3845.jpg

小屋の足下には、白いドクダミの花が満開・・・

s-DSCN3848.jpg

こちらは、アザミ・・・
つぼみが幾何学模様にきっちり並んで、きれいだなー

もう、ほとんど夏です。

s-DSCN3841.jpg


2011.06.07 / Top↑
丹波の職場の裏山でワラビをいただいてきた。
えっ、まだワラビ?って思うでしょ。
そうです、ワラビって、7月頃まで、次から次に出てくるんですね。

一晩、炭酸+熱湯につけてアクを取り、
しいたけ、油揚げといっしょに玉子とじにした。
玉子とよく合いますね。

s-DSCN3833.jpg

乾物置き場を見ると、賞味期限をやや過ぎた高野豆腐がある。
それで、高野豆腐の甘煮?をつくった。

炊いてすぐも美味しいが、冷蔵庫で冷やすと、また美味しい!
もう、ほとんど夏ですね。

s-DSCN3831.jpg

2011.06.04 / Top↑
長い間カレーをつくっていないな・・・そんな思いがずーっと頭にあった。
冷蔵庫を見ると、痛みはじめたナス、ピーマン、いろいろある。
こんな時こそ、夏野菜のカレー! そう思ってカレーをつくった。

いつものケララカレー風と決めたが、肉は鶏肉の代わりに冷凍の牛すじ肉、豚肉
野菜はといえば、ナス、ピーマン、タマネギ、ジャガイモ、トマト(缶詰)
味付けは、カレールー、ブイヨン、醤油、ソース、マヨネーズ、生姜、にんにく、ヨーグルト、砂糖、
香りづけにローリエ、タイムを入れた。

コトコト炊いて、まずパンといっしょに、スープ風にいただきます。
そして、カレーライスやカレーうどんにして、何回もいただきます。
うーん、やっぱりカレーは美味しい!

s-DSCN3829.jpg
2011.06.02 / Top↑