北海道の2日目、午後は恵庭市の「黄金ふれあいセンター」でフォーラム

ここで千里ニュータウンでの、コミュニティカフェを中心にした
活動を報告するのが、今回の北海道の旅の最初の目的です。

黄金ふれあいセンターは、「ゆるいコミュニティ」がコンセプト
いろいろな世代、人びとが緩やかに、自然に交流できるように、
室内は、真ん中のホールを中心に、各スペースがオープンにつくられています。

s-DSCN8239.jpg

親子で遊べるスペース、学校帰りの子どもが自由に遊べるスペース、
ぶらっと本を読めるスペース・・・
そして、それらのスペースが、室外ともつながっている。

s-DSCN8243.jpg

こちらはカフェ

すべてのスペースは、住民の方々によって運営されている。
若い世代が多い新しい街の、新しいふれあいの場になっていくようです。

・・・で、ちゃんと話はできたの??
はいはい、なんとか持ち時間の20分で千里の話を精一杯しました。

s-DSCN8255.jpg

翌日は、江別市の大麻団地へ・・・
千里ニュータウンより少し遅く開発された団地です。

千里と同じように、人口の減少や高齢化に伴う地域活力の低下が懸念されています。
千里ニュータウンの再生の取り組みを約1時間させていただきました。
ただ、十分伝わったのか、お役に立てたのか・・一抹の不安が

s-DSCN8268.jpg

そして、千歳空港へ・・・
特急電車の広い窓から、どこまでも広い北海道の風景が見えた。

千里でも、丹波でも、そして北海道でも、いろいろな人が暮らしている。
そして、自分たちの地域をよくしようと、がんばっている。

この北海道でも、私がもう少しお役に立てることがあるかもしれない。
でも、北海道は、やはり遠いなー・・・
そんなことを思いながら、飛行機に乗った。

s-DSCN8273.jpg
スポンサーサイト
2012.11.25 / Top↑
北海道の2日目も快晴・・

宿泊した恵庭ステーションホテル
文字どおり、駅から1分の便利な場所にある、
こじんまりとして、清潔感ただようホテルです。
2日間お世話になりました。

s-DSCN8199.jpg

午前中は、市の方のお世話になりながら、恵庭のまちを見学

恵庭は、花のまち・・・
「恵みの庭」という名前から、花のまちづくりを進めようと、
ニュージーランドのクライストチャーチに見学に行き、現在に至ったとか。

s-DSCN8200.jpg

こちらは、花やみどりをテーマにした住宅地
春には、クライストチャーチのように、オープンガーデンでにぎわうそうです。
そのころに、もう一度来たいなー・・・

s-DSCN8214_20121030183908.jpg

こちらは、「えにわ市民プラザ」・・・地域の人々のたまり場
表の看板に「元気が見つかるみんなの宝島」とあります。
千里ニュータウンで言えば、「ひがしまち街角広場」のようなところ
中にカフェ、リサイクルコーナー、事務スペースなどがありました。

s-DSCN8207.jpg

こちらは、恵庭の道の駅「花ロードえにわ」
ここにも、「花のまち恵庭」らしさがたっぷりです。

s-DSCN8221_20121030183948.jpg

なんでも、年商数億円と気を吐いている駅のようです。
そういえば、観光バスが数台止まっていました。

その秘訣は、地場産の新鮮な農産物が手にはいるだけでなく、
ほとんどの食材が揃うように、必ずしも地場産だけにこだわらない
スーパーマーケット的な要素を取り入れているからだとか。

えびすカボチャのソフトクリームも人気とか・・
若い子たちが美味しそうに食べていました。

s-DSCN8224.jpg

午前中の最後の見学地は、市が開発した住宅地
みどりをできるだけ残した、ゆったりした敷地に建つ白壁の住宅
やっぱり北欧風ですね。

恵庭は、千歳空港と札幌の中間に位置して交通利便性にすぐれる花のまち
食べ物が美味しく、山もいっぱいある北海道にIターンするなら、
ぜひ恵庭に住んで下さい。

案内して下さった方の話を聞きながら、それも悪くない・・・
そんなことを思った。

s-DSCN8238.jpg
2012.11.17 / Top↑
モエレ沼公園のあと、札幌の市街地へ

まずは、Sさんのお奨めの蕎麦屋
普通の蕎麦屋だと思い、「鳥天そば」の大盛りを注文したら、
なな、なんと・・・超特大の蕎麦に、天ぷらがどっさり出てきた。
大食漢の不良中年も、これにはびっくり!

ここは、数ある札幌の蕎麦屋の中でも、おいしさとボリューム、
しかもリーズナブルな値段で知られているようだ。

s-DSCN8160.jpg

そのあと、北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)〈国指定重要文化財〉へ

館内に北海道立文書館があり、北海道の歴史に関する資料が展示されていた。
北方領土に関するPR館のような印象もあった。

s-DSCN8164.jpg

そのあと、市街地の中にどっしりと構えている北大へ

まずは北海道大学総合博物館・・重厚な煉瓦造りの建物です。
「雪の研究で有名な中谷宇吉郎の特別展が開かれていた。

建物の前で中谷宇吉郎と同じ格好で、記念写真をパチリ

s-DSCN8174.jpg

そして、ポプラ並木へ
うーん、これがあの有名なポプラ並木・・・完全に観光気分です。

s-DSCN8180.jpg

そのあと、札幌の街が一望できる旭山記念公園へ
昭和45年、札幌市創建100年記念事業の一つとしてつくられたようだ。

札幌ドーム、中心部の高層ビル群、あのあたりがモエレ沼公園?
札幌の街は広い、そして清潔感と一抹の寂しさを感じさせ、どこか北欧の街に似ている。
暮れていく街を眺めながら、そう思った。

s-DSCN8185.jpg
2012.11.15 / Top↑
1日目は、札幌の見学です。
Sさんが休みを返上して、半日案内してくれました。

まず、モエレ沼公園・・・イサムノグチの設計です。
正直、一度来たかったのです。

ゴミ処理場として利用した後、1982年(昭和57年)から公園づくりを始め、
2005年(平成17年)7月1日にグランドオープンとか。

s-DSCN8132.jpg

モエレ山(標高62m)から、シンボル的なガラスのピラミッドを見下ろします。

s-DSCN8137.jpg

芝生の広場・・・家族が思い思いに楽しんでいます。
テントも見えますね。

s-DSCN8145.jpg

ガラスのピラミッドの内部・・下から見上げます。

s-DSCN8148.jpg

上から見下ろします。

s-DSCN8153.jpg

ガラス越しにモエレ山をパチリ!

どこをとっても、北海道的です。

s-DSCN8155_20121030184453.jpg

2012.11.09 / Top↑
10月の初旬、北海道に飛んだ。

札幌周辺の街にできたコミュニティセンターの開館記念シンポジウム
そこで千里のコミュニティづくりの取り組みについて話せと・・・
ついでに、オールドタウン化の課題を抱える住宅地で、千里の再生の話を・・と。

この秋、とてもつらい経験をした私にとって、北海道の旅は、
こころを癒すとともに、前を向いて歩き始めるきっかけをつくってくれた。
その時の思い出をしばらく綴ってみたい。


伊丹空港を飛び立つと、緑に囲まれた千里ニュータウンが見えてきた。
万博公園も見える。

地図で知っている場所を空から眺めるのは楽しい!

s-DSCN8100.jpg

しばらく飛ぶと、琵琶湖が見えた。

s-DSCN8105.jpg

さらに進むと、加賀の白山・・・
うーっ、しばらくぶり

s-DSCN8108_20121030183543.jpg

さらに飛ぶと、なななんと・・・立山、剱岳!!
うーん、まさに僕のために選んでくれたコース
身を乗り出して、パチリ、パチリ

s-DSCN8112_20121030183543.jpg

しばらく飛ぶと、半島のような、島のような地形
機内誌で確認して、佐渡島だと分かった。

s-DSCN8116.jpg

そして、津軽半島を越え、函館を回り込めば、千歳空港
さあ、3日間の北海道の旅の始まりです。

s-DSCN8121.jpg
2012.11.06 / Top↑