上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日は、丹波の研究所の送別会。。。夜は、定宿に泊まった。
いつものように職場にきたけど、これから千里へ帰ります。

楽しかった4年間。
この景色ともお別れです。

ありがとう丹波。。

s-IMG_0083.jpg
スポンサーサイト
2013.03.30 / Top↑
昨晩おそく丹波から帰り、
今日は朝からこんなもんをつくっていただきました。

山の相棒がくれた遠州産のシラウオをのせたご飯
もみ海苔をのせただけで、醤油はかけません。

丹波篠山産の黒豆を用いた味噌(手づくり)を使った具だくさんの味噌汁
ジャガイモ、タマネギ、油揚げ、卵、丹波のネギ・・・

これだけで十分ご馳走、というよりこんなのが本当のご馳走??

s-DSCN9502.jpg
2013.03.28 / Top↑
タチツボスミレ・・でしょうか。
丹波の山すそで、ひっそりと春の訪れを告げています。

私の丹波行きが、あと1週間を切りました。
楽しいことばかりだったので、ちょっぴり淋しい(笑)

s-DSCN9423_20130323190154.jpg
2013.03.23 / Top↑
お彼岸の日、丹波では、あちこちで一斉に日役(ひやく)が行われる。
日役とは、道、川、山などの清掃や修復作業を言う。

彼岸の日に行われるのは、
田植えの季節に向けて、雪で痛んだ道や川を直すとともに、
共同作業を通じて家々・人々のコミュニケーションをはかり、
ムラの構成員であることの意識を高める目的があったのだろう。

若者を中心に人口が減り、農業離れが進むなかで、
日役は歓迎されなくなっているが、それでも維持されている。

新しい公共」の必要性が声高に叫ばれているが、
新しい公共の「原型」がここにある・・・ような気がする。

s-DSCN9414_20130322133624.jpg
2013.03.22 / Top↑
3/21(木) 千里のサクラが咲きました!

サクラが満開の頃、4年間通った丹波を去ります。

s-IMG_0078.jpg
2013.03.22 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。