上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
連休の2日間、快晴の南アルプスに遊んだ。コースは、易老岳~茶臼岳~上河内岳~聖平 今回の南アルプスは、僕たちに特別の意味がある。南アルプスの主な山をほぼ踏破することになるからだ。前夜10時大阪発、2時半易老渡(いろうど)着 朝6時過ぎ、易老渡の駐車場を出発 易老岳までの5時間半の急坂を登ります。約2時間で面平に到着 檜やミズナラの自然林が美しい。約5時間で易老岳(いろうだけ)到着 意外に早くついたので、ちょっと気分がいい。易老岳は、シラビソに囲まれた広場で、 ほとんどピークらしさはない。いよいよ、南アルプスの主稜線だ。茶臼岳方面へ進むと、前方に聖岳(3013m)が見えてきた。荒川三山~赤石岳~聖岳と縦走してから、 早いものでもう5年がたつ。11時半、少し早めの昼食です。正面の仁田岳は、針葉樹の中に黄や赤の混じる、 ちょっとした錦色の紅葉だ。
スポンサーサイト
2008.10.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/107-684ec5f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。