上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
シラビソ林をぬけ、稜線を進むと森林限界になり、岩と砂場の中を進んでいく。



巨岩がゴロゴロ転がっている砂払岳から、富士山がさらにくっきり見えた。


南西に目をやると、夜叉神峠から真正面に見えていた白峰三山が、いつの間にか角度を変えて、縦方向に並んで見える。

北岳の八本歯のコルや大樺沢が見えてきた! 5年前に相棒と北岳に登り、2日目は間ノ岳、農鳥岳をピストン。時間が早いからと一気に広河原まで下ったことを思い出した。若かった(笑)



砂払岳の巨岩と松?
うーん、オブジェ!(笑)


砂払岳の北面の、融けた雪が凍った岩稜帯を注意深く下ると、正面に薬師岳(2780m)が見えてきた。
岩と緑がつくる自然の造形美です。


AUTHOR: 花々 DATE: 10/25/2007 11:55:48 何とも素晴らしい山登りになりましたね♪その思いが全編に伝わっています(^_^)v

>巨岩がゴロゴロ転がっている砂払岳から、富士山がさらにくっきり見えた。
 美しいですね!ウットリです♪ 足元が危ない中の撮影に感謝感激です(^_^)
 くれぐれも怪我の無いように気をつけて下さい。
スポンサーサイト
2007.10.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/1263-07062004

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。