上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
観音岳からの下りから、この7~8年間相棒と一緒に登ってきた、白峰三山、塩見岳、荒川三山、赤石岳、聖岳、光岳へと続く、南アルプスの山々をパチリ・・
なんとなく感慨深いものがあります(笑)。


観音岳の岩場を下り、再び登り詰めたところが赤抜沢ノ頭
北に、地蔵ヶ岳のオベリスク(地蔵仏)が見えた。
鳳凰三山のシンボルだが、意外に小さい。
頂上に立つことは無理だし、そのまま白鳳峠へ向かった。


東には、雲海に覆われた甲府盆地の向こうに、
瑞垣山、金峰山などの秩父の山々・・・
右は、大菩薩峰や三ツ峠山などの山々か?



9時半、白鳳峠に到着!
北岳の大樺沢、八本歯のコル、バットレスがはっきり見える。
北岳(3192m)は、高いだけでなく、美しさを兼ね備えた山だ!

広河原へ一気に下りましょう!



11時すぎ、広河原到着
黄葉の始まった麓の上に、北岳がそびえていた。

「この山と天気を大阪へもって帰りたいなー・・・」
夜叉神の森までバスに揺られ、韮崎の温泉で汗を流し、
2日間遊んだ鳳凰三山を眺めながら、大阪へと急いだ。

(071021-22)


AUTHOR: 思考亭 DATE: 10/28/2007 08:22:54 地蔵岳と金峰山のオベリスクは遠くの里からもはっきり見えるのに、その前に来て見ると意外に小さいですよね。
小生も金峰ではあの尖がりの上まで登りましたが、地蔵はダメですね。
白鳳峠からの北岳、いいですね。大樺沢から八本場がきれいに見える。真夏大樺沢の雪渓で転んで滑ったことや、八本場の大きなお花畑が頭の中でよみがえり、嬉しかったです。
いい写真をありがとうございました。
スポンサーサイト
2007.10.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/1266-c784c6c1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。