上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
日曜日、肥後橋の近くのY○CAのフォーラムに出かけたら、
雰囲気が違う・・・土曜日と間違えていた(汗)。

せっかく市内へ出てきたのだから・・・
そうだ!と、近くの国立国際美術館へ出かけた。
千里の万博公園から移転新築されてからは、初めて


シー○・ペリー事務所の建物が迎えてくれる。
エントランスの案内には、特別展「現代美術の皮膚」
~12月2日(日)・・・ううう、今日まで!



地階の受付から、地下2階へ
そして特別展の地下3階へ・・・

モニュメントが突き出たスカイライトから、
垂直方向の動線空間に光を採り入れる手法だ。


カ○ダーのモビール、ミ○の陶板画、
高○次郎の壁に描かれた影など、
万博公園時代の作品もあって、なつかしい。

特別展は、皮膚をテーマにした、世界の11人の作品
玉虫などを用いたフ○ーブルの造形が印象的だった。



地下2階の常設展では、万博時代にも見たような、
いろいろな作品に出会えた。

外に出ると、真っ赤な清○九兵衛の作品・・・
とんだ予定日の間違えだったけど、
久しぶりに非日常の世界をさまよってみた(笑)。


AUTHOR: なにわのくいしんぼ DATE: 12/04/2007 23:34:28 こんばんは。
この企画展には先月いつぞやの
土曜日に鑑賞しました。
斬新過ぎて、難しかったです。
スポンサーサイト
2007.12.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/1324-029efbd3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。