上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
傾山へ向かう前に、椎葉村の中心地へ寄った。
お目当ては、那須家住宅(鶴富屋敷 重要文化財)

私の家に近い服部緑地に「日本民家集落博物館」がある。
移設された椎葉の民家とともに、那須家のことは知っていたが、本物を見たいと思っていた。
江戸期に建てられた茅葺き民家がどっしりと構えています。


受付のおばさんから、那須家の由来を聞きます。
「壇ノ浦の戦いで有名な那須与一の弟の大八郎が平家の落人を討ちに椎葉にきた。清盛の孫の鶴富姫と恋仲になり、姫は子をみごもった。大八郎は鎌倉に呼び戻された。子は女だったから椎葉で育った。子孫は姓を那須と名乗り、江戸期にこの家を建てた。」
この悲恋物語から「ひえつき節」が生まれたらしい。



中に入って、部屋を見る。プランは、こちら
北側に収納スペースを持つ4つの部屋(ござ:神棚を祀る部屋、でい:客間、つぼね:夫婦の寝所、うちね:居間)と土間(どじ:台所)が横方向に並らぶ、一列平面型と呼ばれる、平地が少ない椎葉ならではのつくりです。


「どじ」と呼ばれる土間の台所
意外に小さいのは、少ない土地を有効利用する知恵か?


鶴富屋敷の奥にある旅館で蕎麦をいただいた。
ゆずの香りがする、コシのある美味しい蕎麦だった。

それにしても、秘境と思っていた椎葉の中心地が、
完全に観光地になっていたのは、少々残念な思いだ。
地域の活性化と歴史・文化の保全・・・難しい問題だ。

さあ、今度こそ、傾山へむけて出発!!


AUTHOR: nmzk DATE: 05/10/2008 22:46:49 那須家住宅のレポートをどうも有り難うございます^^

椎葉村は始め柳田国男の本から興味を持ったのですが、彼は元々小説家志望の処が有り、ちょっと学問としては疑問符を付けたくなる感じがしております。

やはり自分で歩かないといけませんね(汗
スポンサーサイト
2008.05.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/1501-87e15618

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。