上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
3時半過ぎ、やっと朝日岳(2418m)についた。なだらかな頂上には、タカネマツムシソウが群生していた。小休止の後、朝日小屋に向けて木道を下ります。なにせ、小屋まで40分とあるからだ。「どこに小屋があるのか・・・」 下れど、下れど、小屋は見えない。しばらく下ると、谷を挟んだ山の麓に小屋が見えた。どっと疲れが出てきたが、がんばって歩いた。4時20分、朝日小屋到着。小屋の前には、先に到着した人々が休憩している。テント場には、色とりどりのテントが張られている。「前の人から聞いていたけど、もう・・こんな時間に来て」 受付で、名物女将の清水さんからお目玉を食らった(笑)。 水場では、雪渓から引いた水がふんだんに使える。タオルに水を浸して、汗だくの身体を拭いた。夕食前、知らぬもの同士が山の同定で盛り上がった。左の雪倉岳、真中の白馬岳は、すぐに分かった。「右の尖峰は、白馬鑓ヶ岳」「いや、見えるはずがない」意見が分かれたが、白馬岳から西に延びる稜線上の旭岳とわかった。お楽しみの夕食です。魚と野菜の天ぷら、やまいも、肉じゃが、白身魚の昆布じめ、茶蕎麦、ご飯、漬物、デザートの羊羹・・・ どうです、この充実したメニュー!山で刺身を食べたのは、多分初めて・・・(笑) 明日の白馬岳までの長丁場に備えて、おやすみなさい。
スポンサーサイト
2008.08.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/170-50016b5e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。