上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ガレた道を延々歩くと、ダケカンバなどの樹林帯に入る。あの向こうが目標のコル? と思って超えると、その先にまた道が続く。「距離が長く健脚向き、蓮華温泉を早立ちすること」 とガイドブックにあったことを実感しながら、歩きます。しばらく行くと、雪渓から清水が流れ出る沢がいくつも現れた。周辺は、高山植物(※)が一面に咲くお花畑だ。※チングルマ、ハクサンコザクラ、ハクサンフウロ、ハクサンイチゲ、シナノキンバイ、タテヤマウツボグサ、ニッコウキスゲ、ヒオウギアヤメ、ミヤマアズマギクなど 一気に疲れがとれ、パチリ、パチリやりながら、登ります。途中、数箇所、雪渓を横切る。滑らないように、注意深くステップを切ります。パチリ、パチリやりながら歩いていたら、コルに到着した。花園三角点からのコースタイム2時間を40分もオーバーだ。コースタイムが甘いのか、写真を撮りすぎたのか・・(笑) 朝日岳までは1時間、反対側へ下れば日本海だ。途中一緒になった長野の夫婦と一緒に登っていきます。上部に大きな岩が露出した雪渓をトラバースします。なんとなく、絵になる風景です。時間は3時を超えている。普通なら、小屋についている時間だ。急がなくっちゃ!
スポンサーサイト
2008.08.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/171-0d961a20

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。