FC2ブログ
小仲坊の石垣

城のようにしっかりつくってあります。
s-FI2607139_0E.jpg

登山道、いや役行者の昔から修験者たちによって1300年間踏まれてきた
稜線の奧駈道へつながる道を登っていきます。

途中、朝の散歩(山歩き)から帰宅途中の五鬼助義之さんにお会いした。
「昨年の奥駈の時には、お世話になりました」
「ああ、そうでしたか?、またどうぞ・・・」
あいかわらず優しい”平成の鬼”のお顔でした。
s-FI2607139_1E.jpg

だんだん勾配がきつくなり、苔むした岩が出てきます。
しばらく登ると、丸太でつくった階段が延々続きます。

まわりは鬱蒼とした原生林
700mの高低差を一気に直登・・・少々足に堪えます。
s-FI2607139_2E.jpg

途中、大きな岩が真ん中で割れたような「二つ岩」で小休止
ここは奧駈をする修験者の行場になっています。
s-FI2607139_3E.jpg

スポンサーサイト



2006.06.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/2047-b3571e9c