上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
10日ほど前、上の娘が家を出て行った。別に、家出をしたのではない。
秋に結婚を予定しているが、我が家から嫁ぐのは、方角的に良くないから、
約半年間、良い方角へ引っ越す・・・いわゆる「方違え」のためだ。

”なんじゃ、それは・・”と言ってしまったが、カタカナ職業の割には、
俗信にこだわる相手方に文句を言っても始まらないと、すんなり受け入れた。

娘は、約1週間、部屋の片づけをして、出ていった。
10年前に女房が急逝、4年前に下の娘が嫁ぎ、そして今度は上の娘だ。
夜、家に帰ると、シーンとして片づけられた部屋が、”出ていった”と語っていた。

「書き置きもしないで出ていってね。お互いに、メソメソしないためだろうけど・・」
人に話すたびに、目が潤んで仕方なかった。
ところが、2~3日すると、食事の準備がいらない、遅くまで仕事ができると、
”独り身の自由”を感じるようになり、それが”独り身の孤独”を凌駕するようになった。
そして、一人になったら、食事は惣菜ものですますかも・・と思っていたが、
なんのなんの、ますます料理を楽しむようになった。

引っ越しが落ち着いたので、連休には彼と一緒に帰って来るという。
「一人になった父親を元気づけよう」との配慮もあるのだろう。
だから、「淋しいけど、頑張ろうとしている父親」をせいぜい演じようと思う(笑)。

s-DSCN7237.jpg
スポンサーサイト
2009.04.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/2531-d62707bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。