上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
丹波に長距離通勤するようになって、約1ヶ月がたった。
次第に、私に期待されている仕事の内容がわかってきた。
丹波の人たちとのネットワークもかなりできた。
いつまでも”年をとった新人”ではいられない。

「どうやらこれが不良中年の初仕事になりそうだ」
そう思って、丹波市の最北端の集落を訪ね、リーダーの了解を得た。
丹波では、気候や山並みだけでなく、人も穏やかで優しい。
私の提案を評価して、快く受け入れてくださったことがうれしい。

「少年自然の家」「U美術館」・・・
帰りに、気になっていたところを訪問した。
もちろん「道の駅」で野菜を買うことは忘れなかった(笑)。

「少年自然の家」の近くに、ワイナリーがあった。
へーっ、丹波には、ワイナリーまであるんだ。
中を見せていただいたら、ブドウだけでなく、黒豆、ゆず・・・いろいろなワインがあった。
いただいたのは、”ゆすらんめ”のワイン。

三○の姉の家を訪れ、義兄といただいたら、ほんのりゆすらんめの香りがした。
疲れがたまっていたのか、いつのまにか酔っぱらって、寝てしまった。
そして、数年後に、丹波に住みついている不良中年の夢を見た(爆)。

ゆすらんめワイン
スポンサーサイト
2009.06.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/2552-cc0b7874

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。