「おはようございます」
長距離通勤先の駅に降りたら、かわいい駅員2人が迎えてくれた。
兵庫県が中学2年生を対象に行っている、1週間の体験・実践型教育「トライやる・ウィーク」だ。
例の神戸の殺傷事件がきっかけになり、子どもたちが社会を知り、地域が子どもたちを支えることを願って始まったようだ。

トライやる1

職場の”陸の孤島”についたら、7人の中学生が入ってきた。
どうやら、ここでも「トライやる・ウィーク」なのだ。
それぞれがひと言ずつ挨拶をして、出て行った。

トライやる2

昼前にロビーに出たら、2人がうろうろしているので
「午前中、何やった?」と話しかけたら、「えさ箱づくりです」
「えっ、鳥の・・・?」「ちがいます、オオムラサキです」
「あの、国蝶の・・・?」「そうです」
「へーっ、・・・で、餌は何をやるの」「カルピス、ブランデー・・・」
「えーっ、ずいぶん贅沢なものを飲むんだね」

短い時間だったけど、中学生たちは、こうして社会に触れ、学ぶんだと思った。
そして、不良中年は、このとき、きっと5歳は若返っていた(笑)。
スポンサーサイト
2009.06.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/2554-9ac820fe