上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
峠を越えれば但馬という、丹波の最北の地を訪ねた。
手塚治虫の『ブラックジャック』にも、実名入りででてくるところだ。
人口の流出や高齢化などの問題を抱えているが、
それでも比較的若い人たちが”楽しいことをやろう!”と、いろいろな活動を行っている。
どうやら、ここが不良中年の丹波での初仕事になりそうだ。

今出熊野神社

秋には”裸まつり”が開かれる由緒ある熊野神社を横手に見ながら進むと、
川遊びや蛍狩りなどが行われる親水公園と、地域の人たちが運営する蕎麦どころがある。

今出せせらぎ園/親水公園

おすすめの野菜天ぷら蕎麦をいただいた。
街中の蕎麦屋のようではないが、手打ちの蕎麦と天ぷらは素朴な味がした。

そば

帰りに、丹波布の伝承館に寄った。
かつて柳宗悦が京都で見つけた繊細な絵柄の布のルーツを探っていくうちに、
ここ丹波で織られたものであることがわかり、その後、再興されたものだ。
織りの美しさとともに、民家風の館内の空間構成が巧みだ。
とても高価なので、小さなストラップをいただいた(笑)。

丹波布伝承館

長距離通勤する丹波で見聞きするひとつひとつが、千里での”土産話”になる。
すると、「不良中年さん、仕事しとるん??」と言われてしまい、答えに困ってしまう(爆)。
スポンサーサイト
2009.06.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/2566-bdb4747f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。