富山に住むマドンナの要請で、夏まつりの模擬店の応援に出かけた。
JR富山駅から、富山地方鉄道(地鉄)へ乗り換える。
20~30年前、剱岳に向かう途中に眺めた、古くさい駅前の印象はない。
パリやローマの地下鉄風で、どことなくお洒落だ。

eki

昼すぎ、人口3千人の日本一小さな村・・「舟橋村」についた。
舟橋村は、かつて全域が市街化調整区域の純農村だった。
それでは発展がないと、約20年前、住みよい村づくりをモットーに、全域を市街化区域にした。
富山市周辺などから移り住む人々が増え、今では新住民の方が多い。
平成の市町村合併が進み中、この村は合併をしなかった。
その結果、日本一小さい村になったというわけだ。

雨の中の祭り・・と諦めていたが、3時ごろに止んで、剣岳が顔を見せた。
へへへ、やっぱり、晴れ男でしょうか??
剱岳を眺められただけでも、はるばる来た甲斐があります。
さあ、夏祭りに出店する”ラタトゥイユ”づくりのはじまりです。

つるぎ
スポンサーサイト
2009.08.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/2598-ca578724