上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
6日目、早池峰山麓の道の駅で目を覚ました。
どうやら、快晴のようだ。

河原坊のビジターセンター近くの駐車場に車を止めて、出発です。
コメガモリ沢沿いに登っていくが、水量が多く、渡渉に苦労した。

早池峰山コメガモリ沢

沢から岩稜帯に入ると、高山植物が現れだした。
花で有名な早池峰山・・・どんな花が見られるか、期待に胸がふくらむ。
まず現れたのは、狐のしっぽのようなナンブトウウチソウ

ナンブトウウチソウ

ついで、ナンブトラノオ

ナンブトラノオ

だんだんと急勾配になり、ところどころ岩登り風のところも出てくる。
打石、千畳岩・・・奇岩も出てくる。
僕たちは、俄然元気が出てきて、岩を楽しみながら、前の人を抜いていった。

早池峰山千丈岩・打岩

途中から、この山のシンボル、ハヤチネウスユキソウが出てきた。
エーデルワイスに似ているから、特に女性に人気で、シーズンは登山者が多い。
花の盛りは終わっていたが、中にはみずみずしい姿を見せてくれるものもあった。
※岩手山で出会ったAさんによると、これはハヤチネウスユキソウではなく、
 多分、ウスユキソウだろうとのことです。うーん、残念!

ハヤチネウスユキソウ

約3時間で早池峰山(1917m)の頂上に到着・・・360度の大パノラマが広がる。
この方向に八幡平が見えているはずだ。

早池峰山頂上から

東の尾根を小田越へと下り、オダマキが咲く車道を河原坊へと歩いた。
このあと、終盤の山(岩手山、秋田駒ヶ岳、乳頭山)に登るために、北へ車を走らせた。
スポンサーサイト
2009.09.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/2617-665549dd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。