櫛形山から下り、奈良田を経由して、笊が岳の登山口・雨畑に向かった。
南アルプス主稜線の東にあるビッグな山・・・笊が岳(2629m)は、数年前から気になっていた。
なにせ、2000mもの高低差を上り下りするからだ。

雨畑の集落を貫く道には、昭和40年代まで、木材搬出用のトロッコが走っていたそうだ。
山中でのテント泊の用具をザックに詰めて、11時前に雨畑集落を出発!

笊ヶ岳・雨畑集落

途中、奥沢谷の徒渉地点・広河原で、川の音を聞きながら昼食。
しばらく登ると、集落から2時間半の地点に、山の神が安置されていた。
昔は、このあたりまで山仕事に来ていたと、あとで村の人から聞いた。

山の神

急な坂を、どんどん、どんどん・・・登っていきます。
道は一度も下ることなく、僕たちはこれまで経験したことがない、怪物のような山と格闘し続けた。

急坂

「シラビソ林に入ったら、檜横手山のテント場は近い」
相棒の言葉を信じつつ、それでもシラビソ林を1時間は登った(笑)。

登山口から約5時間半の午後4時半、檜横手山の小さなテント場に到着。
テントを張って、簡単な夕食をとった。

檜横手山テント場

たしかにビッグな山・・・しかし、笊が岳は、これからまだ、数時間先にあるのだ(爆)。
スポンサーサイト
2009.09.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/2633-5a4323df