上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
高塚山から下山し、次の目的地・山伏(2014m)をめざした。
大井川沿いを北上し、井川(大井川鉄道の終点)からさらに北上・・
井川湖の北端・田代から小河内川沿いにうねうねと登った峠が登山口だ。
静岡・山梨県境でもあるこの峠を下っていくと、9月に登った笊ヶ岳の登山口・雨畑に至る。

山伏登山口

日本300名山に選ばれるほどだから、数時間かけて登る魅力のある山だろう。
ただ、今回は、あくまでピークを踏むことに徹して、峠からの最短距離を選んだ。
急斜面のトラバースを繰り返して登ると、なんと・・・20分で頂上に着いた(笑)。
あまりにも短いので、平坦な頂上をぐるっと回った。

山伏頂上

北には、南アルプスの主稜線の山々が雲の中に見える。
山の大きさかからして聖岳、その右奧に赤石岳か・・・
右手には、雲に隠れた笊ヶ岳らしい山が見える。

笊ヶ岳・聖岳遠望

急斜面を登山口まで慎重に下り、井川湖へと道を引き返した。
途中、道の両側に、見たこともないような大きな花のアザミがあった。
図鑑を見ると、どうやらフジアザミ(富士薊)のようだ。

あざみ

見上げると、山肌は、ほんのりと紅葉を始めている。
富士山には、初雪が降ったようだ。
東北、南アルプスをせっせと登った今年の夏山は、そろそろ終わりか・・・
そう言えば、しばらく登っていない大峰山系の山々が恋しくなってきた(笑)。

紅葉

そんなことを思いながら、大井川沿いを下り、川根の温泉で汗を流し、
混雑ぎみの東名・新名神を大阪へと走った。
スポンサーサイト
2009.10.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/2644-4f50b68a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。