千里山に おしゃれなメガネを扱うショップがあると聞いていた。
南海キャ○ディーズのし○ちゃんのメガネは、この店のオリジナルらしい。
千里山に出かけたついでに、やっと店を見つけた。

「そろそろ、新しいメガネに替えたいと思って・・・」
「ご主人なら、このメガネがいいと思いますよ」
「会って、すぐに分かりますか?」
「お顔、雰囲気、かけていらっしゃるメガネで、大体分かります」
いきなりの、自信満々の応対にちょっと、とまどい・・・

「透明のフレームが斬新すぎませんか?」
「ぜんぜん・・・、ぴったりですよ」
今日は下見・・・と思っていたが、話しているうちに、その気になってきた。
「ちょっと高いなー・・・、でも、これいただきます」

ていねいな視力の検査が終わり、「レンズは、これで行きます」
その値段を見て、びびび、びっくり!!、フレームの2倍もする。
「あの、その・・・他にレンズはないのですか?」
「いえ、これが一番です。他も値段は同じです」

ということで、思いもかけず、スイス・G○tti社の最新モデルを購入した。
これまでの卵形も気に入っていだが、カーブを描いた新しいメガネも悪くない。
しかし、値段に関しては、今の私の生活レベルには不釣り合いだ。
”清水の舞台から、2回も飛び降りてメガネを買った”、そんな気分だ(笑)。
そして、私は、この店の主人と仲良くなってしまった(爆)。

メガネ
スポンサーサイト
2009.10.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/2648-323ac43b