恐竜博物館から丹波経由で夜遅く千里へ帰り、翌日、人間ドックへ

受付で基礎事項の記入と問診があった。
「妊娠は?」「えーっと、多分ないと思います」
「刺青は?」「これも、多分ないと思うんですが・・・」
ちょっと、受付嬢をからかってみた。

身長、体重、視力、聴力、肺活量、胸部レントゲン撮影、触診
いつもながら、プログラムに従った職員のてきぱきとした動きに感心する。

s-DSCN9657.jpg

胃の検診では、苦手なバリウムに加えて、いつも頭から落ちそうになるが、
今年は肩当てがあって、安心して行うことができた。

今年は、2年ぶりに脳の検査(MRI)も受けた。
機関車のような音、かゆくなった顔をかけない・・検査もなかなか大変だ。

s-DSCN9659.jpg

約3時間でドックは終わり、2時間後に診断結果を聞かされた。
「赤血球がやや少なく、コレステロールがやや多いけど、そのほかは問題ありません」

この言葉を聞いて、ホッ・・・人間ドックって、このためにあるからね(笑)。
ただ、ベルトがきつくなったことと、腹のたるみがやや気になっている。
ストレッチを再開しなくちゃね・・・そんな気分の不良中年です。
スポンサーサイト
2010.03.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/2712-a61203b0