連休最後の日、相棒と荒島岳(福井県、1532m)に遊んだ。
荒島岳は、女房が病魔に冒されていることを知らないまま、
亡くなる2ヶ月前に登った、少しつらい思いでのある山・・
あれから、10年と半年が過ぎた。

8時20分、勝原(かどはら)のスキー場の中を登っていきます。
石がゴロゴロ、太陽はカンカン・・今日はきつい山行になるぞ。
睡眠不足も重なり、少々バテ気味だった。
気温は、頂上付近でも27度もあった。

s-DSCN0157.jpg

スキー場をすぎると、ブナ林にはいる。
芽吹いたばかりで、日影は少ないが、すがすがしい気持ちになる。

s-DSCN0161.jpg

約2時間半で分岐のシャクナゲ平に到着し、一服・・・
樹林越しに、荒島岳の勇姿が現れてきた。同時に、急登の始まりです。

s-DSCN0167.jpg

途中、斜面に見られる、この時期特有の残雪のまだら模様が美しい。

s-DSCN0174.jpg

約3時間半で荒島岳に到着・・・
悪名の高かった電波塔やコンクリートの構造物は撤去され、
深田久弥が”故郷の山”として選んだ「日本百名山」にふさわしい山へ再生されようとしていた。

白山と別山がうっすら映っているのですが、見えませんね。

s-DSCN0181.jpg

食事の後、相棒は、荒島岳の写真撮影に小荒島岳へ
私は、シャクナゲ平でカンカン照りの太陽を受けながら、しばし午睡・・(笑)

下山後は、いつもより車の多い北陸道を大阪へ走った。
ちょっぴり遠出をしての春山山行でした。
スポンサーサイト
2010.05.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/2753-e6be3f4f