バスに乗って、奥の院前へ向かう途中、
想像以上に大きな都市であることにびっくり!!

ちょっと遠そうだけど、せっかく来たのだからと、
弘法大師が安置されたという奥の院へ向かって、
杉林に囲まれた石畳の上を歩きます。

s-DSCN0518.jpg

手前は、企業の墓地になっています。
有名企業の墓地が次々に現れ、まるで”墓地を借りた企業PRコーナー”です。
「高いんだろうナー・・・」
ロケットの形をしたものもありました。

s-DSCN0521.jpg

しばらく行くと、織田信長、豊臣家など、
歴史上有名な人物や藩の墓地が次々に現れる。
ははーん、話しに聞く有名人の墓とは、これだな・・・

あとで、道ばたにいたバスガイドさんに聞くと、
各地の藩の墓があるのは、参勤交代と同じように、
藩が力を持たないように、墓づくりと維持に消費をさせた、
徳川幕府の政策とのこと・・・
それが今では「世界遺産」だとは、歴史の巡り合わせは不思議だ。

奥の院が現れてきました。
ここから先は、弘法大師が眠る聖地・・・撮影禁止です。

s-DSCN0535.jpg

奥の院からは、元に戻る形で、一の橋まで歩いた。
杉林のなかの散策が心地よい。

途中、司馬遼太郎の文学碑が現れた。
天空に続く広大な宗教都市・・のようなことが刻まれていた。
まったく・・そんな思いだ。

s-DSCN0540.jpg


スポンサーサイト
2010.06.09 / Top↑
Secret