龍王岳(2872m)付近から、お花畑で有名な五色ヶ原と、その中にポツンと五色ヶ原山荘が見えた。
大パノラマを目の前に、ルンルンの稜線歩きが続きます。

s-DSCN9023_20100726165538.jpg

可憐な花たちが、「おはよう」「おはよう」と迎えてくれます(笑)。

途中、40~50人の大パーティとすれ違った。
「昨日は五色ヶ原でお泊まりですか?」
「そう、室堂から五色ヶ原へ入り、今日は室堂へピストンです」
香川県から来た、車中2泊、小屋1泊の中高年パーティのようだ。
まさかと思ったけど、通称「薬師越え」をする中高年の大パーティはないだろう・・・と納得

s-DSCN9021.jpg

鬼岳付近の残雪は、キックステップとWストックで、気持ちよく下っていきます。
一応アイゼンをもってきたが、12本歯はいらなかったな(笑)。
それにしても・・・絵になってる!!

s-DSCN9035_20100726165538.jpg

12時前、ザラ峠(2348m)まで下りました。
織田信長の家臣であった佐々成政が徳川家康の助けを求めようと、真冬に越えたとされる峠です。
ここで、中高年パーティに混じって、コンビニ弁当をいただきます。

s-DSCN9045_20100726165538.jpg

1時前、赤い屋根の五色ヶ原山荘に到着・・中に入り、受付のアルバイト学生としばし歓談。
「普通なら、ここで泊まるんだけど、スゴ乗越小屋まで行けるやろか?」
「ここまで何時間かかりましたか?」
「4時間半ぐらいかな?」
「まずまずのペースですね。コースタイムは6時間ですから、普通なら7時到着・・・
 足が疲れるから、もう少しかかるかも知れませんね」

足の疲れまで予測した模範回答と思ったけど、
「ありがとう、やっぱり頑張るわ・・・」
これからの6時間の尾根歩きに備えて、水2リットルを満タンにして、出発した。

s-DSCN9047.jpg
スポンサーサイト
2010.07.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/2799-dadd3052