北ノ俣岳(きたのまただけ)までは、最初は草原の中の木道を、
途中から水でえぐられた悪路を登っていきます。
疲れが出てきて、何回も休みながら、12時、北ノ俣岳(2661m)に到着。

この頃からガスがかかってきて、黒部五郎岳が見えない。
赤木岳を過ぎ、中俣乗越を過ぎ、何回も偽ピークにだまされ、
そのたびに休みながら、3時、黒部五郎岳直下の鞍部に到着!

s-DSCN9159.jpg

ここで、中年、若者の単独行者2人に会った。
中年男性は、小屋への道が分からなくて、偽ルートに入ろうとしていて、
「違いますよ」の声で引き返してきた。
有峰の飛越トンネルから登ってきたという若者は、
「えっ、薬師越えをしてきたんですか? まさか、明日は槍ケ岳まで行くんじゃないですよね?」
「明日は、新穂高へ降りますよ・・」
そんな会話をして、私は初めての黒部五郎岳(2840m)を踏もうと、軽身で登っていった。

s-DSCN9165_20100727010618.jpg

黒部五郎岳をピストンしてから、遅くならないうちにと、カールへ降りていった。
途中、振り返ると、スプーン状にえぐられたカールが午後の陽を浴びて見えた。

このあと、カールの中を幾筋も流れる水路沿いにつけられた目印を見失わないように
気をつけながら、右、左に水路を越え、小舎へと下っていった。

s-DSCN9176_20100727010618.jpg

小舎までの1時間40分は、さすがに長い!
森林を抜けたところに、赤い屋根の小舎が見えたときは、この日もホッとした。
夕方4時半、コースタイム通りに黒部五郎小舎に到着。

越中、飛騨、信州のどこから入っても2日はかかる、北アルプスのど真ん中・・・
黒部五郎岳に抱かれるようにたつ、おとぎの国の小舎のようだ。

s-DSCN9179.jpg

荷物を小舎に入れ、濡れたタオルで身体を拭いて、5時半、食事です。
チキン、ジャガイモ、天ぷら、山かけそば、みそ汁・・・
双六小屋をはじめ、このあたりの小舎を経営する小池潜さんらしい、心のこもった食事です。

s-DSCN9181.jpg

食事中、東京からきたというガイジンさんと日本人女性のカップルと話した。
「室堂から入り、五色ヶ原小屋、スゴ乗越小屋、太郎平小屋、黒部五郎小舎へと、4日目です」
「私も同じコースできました。2日目ですけど・・・」
「Really? Oh, unbelievable!」

このあと、夕日を浴びる、貴公子のような黒部五郎岳を眺めながら、コーヒー・・・
同宿の人と話すこともなく、8時には布団に潜った。

s-DSCN9182_20100801183550.jpg
スポンサーサイト
2010.07.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/2803-ccac6f8f