7月下旬の北アルプス単独行に自信をもち、2度目のアルプスに出かけた。
槍・穂高連峰の西に位置し、水晶岳、鷲羽岳、笠ケ岳などの名峰が続く「裏銀座縦走コース」
30年以上山をやってきたが、北アルプスのこの山域は、私にとって空白だった。

丹波の仕事から帰り、大阪駅から23時27分発の「急行きたぐに」乗り込んだ。
朝5時半に糸魚川に到着

s-DSCN9353.jpg

6時、糸魚川線の鈍行に乗り換え、8時半に信濃大町到着。
駅前でタクシーを拾い、登山口の高瀬ダムへ・・・
8000円はきついけど、便利さを思えば安いものだ。

9時10分、高瀬ダム出発。山では遅い出発・・急がなくっちゃ!
ダム湖の向こうに槍ケ岳が見えると聞いたが、雲に隠れたあの方向だろうか。

s-DSCN9358.jpg

「北アルプス3大急登」と呼ばれるブナ立尾根を5時間20分かけて登ります。
汗が噴き出し、長袖のシャツはびしょびしょ・・・
それにしても、思うように登れない。初日は、やはり調子が上がらないな。

s-DSCN9362.jpg

ホトトギスの花・・・山はもう、秋の様相です。

s-DSCN9363.jpg

ダケカンバが現れると、そろそろ森林限界だ。
男性2人組が下ってきたので、ちょっと情報収集・・
「あと1時間はかかりますかね?」
「えっ、すぐそこですよ」

s-DSCN9374.jpg

13時20分、高瀬ダムから4時間10分、
コースタイムより1時間以上も早く烏帽子小屋に到着した。
昔風の小さな、素朴な小屋だ。

s-DSCN9378.jpg


スポンサーサイト
2010.08.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/2810-3db5e996