小屋に荷物を置いて、軽身で烏帽子岳に向かった。

烏帽子岳と思ったら、ニセ烏帽子岳・・・
その向こうに先鋒を持つ烏帽子岳がそびえている。

s-DSCN9384.jpg

途中、ガレ地にコマクサが群生していた。
よく見ると、群生地の周辺にコマクサの小さな株が拡がっている。
登山道にロープを張って、群生地に踏み込めないようにしたことによって、
コマクサの生育環境が安定していることが分かる。

s-DSCN9397.jpg

烏帽子岳のピークには、急な岩場を登っていく。
三点確保で・・・うーん、ちょと緊張!!
槍ケ岳や剣岳の頂上付近より厳しいかも・・・

s-DSCN9390.jpg

ピークは尖っているから、とても立てない。
直下まで登って、パチリ・・・

s-DSCN9389.jpg

烏帽子岳から小屋への道で、西の山々が見えた。
野口五郎岳の手前の三ツ岳の尾根、その向こうに水晶岳方面か・・・

s-DSCN9395.jpg

小屋に帰り、しばらく同室の面々と話した後、夕食です。
天麩羅、タマネギの酢の物、みそ汁、ご飯・・・質素ですが、手作りの味
ご馳走を有り難くいただきます。

s-DSCN9402_20100811185458.jpg


スポンサーサイト
2010.08.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamchan2.blog38.fc2.com/tb.php/2811-c4352442